お金借りる即日!審査通過して今すぐ現金を手に入れるコツと借入方法
  • 生活費が足りない
  • 身内の結婚式で明日の朝までに10万円必要
  • 飲み会に誘われたけど給料日前でピンチ!
  • ギャンブルに熱中して生活費を使い込んでしまった

様々な理由で資金が足りなくなり、今すぐお金を借りる方法を探している人も多いのではないでしょうか。

あらゆる借り入れ方法の中で、最も早くお金を借りることができるのは消費者金融のカードローンです。

ここでは、消費者金融で即日融資を受ける方法審査に通過するコツを解説します。

審査に通過するコツを知っておけば、最短60分で現金を手に入れることが可能です。

無職や専業主婦が即日融資してもらえる借り入れ方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

お金を借りる手段|即日で借りたいなら消費者金融で申し込もう

消費者金融のローンカード

今すぐお金が必要な人は、消費者金融からの借り入れを検討しましょう

消費者金融は即日融資をアピールポイントにしており、あらゆる借入方法の中で最も早くお金を借りられるのが特徴です。

借り入れ方法ごとに融資スピードを比較しましたので、参考にしてください。

融資スピード 即日融資 web取引 担・連保不要 収入証明書不要
消費者金融 最短60分
銀行カードローン 最短2営業日 × × ×
ネット銀行 最短翌営業日 × × ×
生命保険(契約者貸付) 最短3日後 × × ×
質屋(質入れ) 最短即日中 × × ×

消費者金融は申し込みから最短1時間で借りられて、さらに担保や連帯保証人も不要でキャッシングできます。

一方で銀行カードローンは審査に最短でも2営業日以上かかるため、今すぐ借りたい人には不向きな借り入れ方法です。

即日融資サービスから手を引いた銀行カードローン

銀行カードローンは多重債務者を削減する取り組みのひとつとして、個人向け即日融資の停止を発表しています。

国内の銀行各行はカードローンなど新規の個人向け融資で審査を厳しくする。来年1月から警察庁のデータベース(DB)への照会で審査に時間をかけ、即日の融資を停止する。

つまり審査基準を厳しくすることにより、即日中の結果通知ができなくなったということです。

即日融資が受けられないだけでなく審査通過も難しいため、今すぐお金が必要な場合は消費者金融で申し込むことをおすすめします。

即日融資サービスは消費者金融の最大の強み

時計

消費者金融のカードローンの強みといえば、即日融資のサービスです。

審査のスピードが早く、最短30分ほどで結果が通知されます。

とはいえ消費者金融は大手から中小企業まで複数社が存在しており、どのカードローンを選んだら良いのかわかりませんよね。

以下で審査時間や金利を比較しますので、参考にしてください。

審査時間 無利息期間 金利 バレない 24h振込融資
アイフル 最短30分 初回契約翌日から最大30日 3.0〜18.0%
レイクALSA webで最短15秒 初回契約翌日から最大180日 4.5〜18.0%
プロミス 最短30分 初回借入翌日から最大30日 4.5〜17.8%
アコム 最短30分 契約翌日から最大30日 3.0〜18.0%
SMBCモビット 最短30分 なし 3.0〜18.0%

管理人が上記の消費者金融5社で申し込みをしたところ、アイフルが最も早い60分で振り込み融資をしてくれました。

一方でアコムやSMBCモビットは最短審査時間の表記はあるものの、収入が少ない人への貸付に消極的な印象があります。

即日で融資を受けることは可能ですが、少しでも早く現金を手に入れたい人は初めからアイフルで申し込みをするほうが賢明です。

今すぐ借りたいなら最短60分融資も可能なアイフル

アイフル

アイフルは、消費者金融の中でも並外れて融資スピードが早いのが特徴です。

webから申し込みをすると審査時間が最短30分に短縮でき、最短60分で融資を受けられます。

さらにスマホアプリを利用すれば、ATMに出向かなくても10秒ほどで銀行口座に振込融資をしてもらえます。

プロミスなら土日でも原則24時間融資可能

プロミス

土日にキャッシングをしたい人は、休日でも即日中に振込融資が完了するプロミスがおすすめです。

土日や夜間でも365日対応しているため、時間に左右されずいつでもwebから申し込みができます。

プロミス独自のサービス「瞬フリ(瞬間振込キャッシング)」を利用すれば、手数料0円で振込融資も可能です。

意外と知らない!消費者金融が安心な理由

融資スピードが早いとはいえ、消費者金融と聞くと利息の返済や過度な取り立てに不安を感じる人もいるのではないでしょうか。

消費者金融は貸金業法を遵守しており、法外な利息の請求や過度な取り立てをおこなうことは一切ありません。

ポイント

大手消費者金融は三菱UFJフィナンシャル・グループや、SMBCグループといった大手銀行グループの傘下に入っています。

消費者金融は金融庁や財務局から営業を許可されている登録貸金業社であり、違法な貸付はおこなっていないため安心なキャッシングが可能です。

さらに独自のサービスで利用しやすい環境を整えているため、はじめてのキャッシングでも気軽に借り入れができます。

消費者金融が展開しているサービスについては、以下で詳しく解説していきます。

担保・連帯保証人不要で即日中の借り入れが可能

ATM

消費者金融は、担保や連帯保証人なしでお金を借りられます

第三者にサインをしてもらう必要がなく、誰にもバレずに借り入れできるのが嬉しいポイントです。

担保や連帯保証人不要で即日融資に対応しているのは消費者金融のみであり、銀行カードローンなどの金融機関は対応していません。

さらに収入証明書もなしで借りられるため、収入が少ない人にもおすすめです。

収入証明書もなしで借りられる

源泉徴収票

消費者金融は、借り入れ金額が50万円までなら収入証明書の提出をしなくてもキャッシングが可能です。

銀行カードローンなどのキャッシングでは収入証明書の提出が必須になるため、月収の少ないパートやアルバイトの人が審査で不利になるケースがあります。

一方で消費者金融は収入証明書なしで借りられることを公表しており、月収が少なくても平等に審査を進めてもらえます。

極端にいえば無職でも借りられるということになりますが、嘘の申請は借り入れ停止となる可能性があるためやめておきましょう。

電話連絡や郵送物をなしにできるからキャッシングがバレにくい

消費者金融のカードローンなら、在籍確認の電話連絡や自宅郵送物をなしにすることができます

在籍確認って?

カードローンの審査項目のひとつ。
オペレーターが勤務先へ電話をして、在職しているか確認すること。

銀行カードローンなどの金融機関では勤務先の証明が必須であり、在籍確認の回避ができません。

一方で消費者金融はプライバシーの遵守に力を入れているため、バレないように配慮してくれます。

電話連絡を回避する方法

電話連絡をなしにしたい場合は、以下の手順で回避できます。

  1. webから申し込みをする
  2. オペレーターに電話をかける
  3. 電話連絡をなしにしてほしい旨を伝える
  4. web書類提出サービスから保険証の写真を提出する

在籍確認の電話連絡は働いていることを確認する目的でおこなっているため、氏名と勤務先が記載されている書類を提出できれば回避が可能です。

例えば保険証や社員証、雇用契約書は在籍確認が取れる書類として認められます。

郵送物を回避する方法

自宅郵送物をなくしたい人は、カードレスで申し込みをしてください。

カードレスで申し込む手順は、以下のとおりです。

  1. webから申し込みをする
  2. 申し込みフォームでカードレスを選択する

カードレスなら、初回契約時に発行されるローンカードや契約書がありません。

さらに、webやアプリでお金を借りられるのもバレにくいポイントです。

内緒でキャッシングをするならアプリは必須

借り入れが誰にもバレたくない人は、web申し込み後のアプリダウンロードがおすすめです。

消費者金融のアプリは、振り込み融資から返済までがスマホ操作ひとつで完了します。

自宅で融資を受けられるため、誰かに見られる心配もありません。

消費者金融アプリの主な機能は、以下のとおりです。

  • スマホ取引(借り入れ)
  • 振込融資
  • 振込返済
  • 増額
  • 利用明細の確認
  • 返済日の確認
  • 利用限度額の確認

アプリの機能では利用明細の確認ができ、ハガキや封筒が自宅に届くことも回避できます。

さらに店頭窓口や無人契約機に出向く必要がなく、お近くのコンビニにあるセブン銀行ATMからスマホ取引で現金を引き出せるのも嬉しいポイントです。

即日中に消費者金融の審査に通過する3つのコツ

貸付対象者の表示

消費者金融で即日融資を受けるには、その日のうちに審査通過することが重要です。

審査が長引く人は結果通知が後日になり、即日融資を受けられなくなります。

申し込み方法や時間を間違えると審査に時間がかかってしまうため、あらかじめ対策しておきましょう。

以下で対策を解説しますので、参考にしてください。

1社に絞って申し込みをしよう

複数社のカードローンで同時に申し込みをしている場合は、消費者金融側からの印象が悪くなるため審査通過が困難です。

消費者金融の審査では、カードローンやクレジットカードなどの申し込み状況を確認されます。

具体的には1ヶ月に3社以上で申し込みをしている人がブラックとして登録され、消費者金融側に悪印象を与えてしまいます。

申し込みブラックになると審査で不利になってしまうため、あらかじめ1社に絞って申請することをおすすめします

借入希望金額を減らしてみよう

借入希望金額を申請するときは、あえて少額にしておきましょう

消費者金融の審査では返済能力を重要視されるため、借り入れ限度額ギリギリで申請をすると返済の計画性がないと判断される場合があります。

逆にあえて少ない金額を申請すると一時的に金銭が必要なだけと判断され、消費者金融側に好印象を与えられます。

借り入れ希望金額を少なめに申請しても、利用限度額には影響しませんので安心してください。

滞納している支払いを進めよう

クレジットカードや携帯電話利用料金などの支払いを滞納している人は、できる範囲で返済をしておきましょう

支払いの延滞や遅延は、審査落ちの原因となります。

少額でも支払いを進めていれば返済の意思があると判断してもらえるため、審査では有利です。

上記の審査対策をおこなっても、在職していない人は審査通過ができません。

審査に通らない人必見!あなたも借りれるおすすめのキャッシング方法

お金とパンフレット

消費者金融でお金を借りられるのは、在職していて安定した収入を得ている人のみです。

貸付対象者について、アイフルの公式ホームページには以下の記載があります。

満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方 

つまり、収入を得ていない専業主婦や未成年は消費者金融でお金を借りることができません。

専業主婦や未成年でどうしてもお金が必要な人は、他の借り入れ方法を検討しましょう。

在職していない専業主婦や未成年でも借りられる方法は、以下のとおりです。

専業主婦 未成年 他社借入
銀行カードローン × ×
学生ローン × ×
おまとめローン × ×

無職でも借りられる方法は、後述しますのでそちらを参考にしてください。

専業主婦がお金を借りるなら、配偶者貸付に対応している銀行カードローンがおすすめです。

専業主婦が借りるなら配偶者貸付に対応の銀行カードローン

銀行カードローンのローンカードとスマホ

配偶者貸付に対応している銀行カードローンなら、無職の専業主婦でも借り入れが可能です。

配偶者貸付とは

配偶者の収入と合わせて年収の3分の1まで融資を受けられる借り入れ方法のこと。

消費者金融のカードローンは在職している人を貸付対象者としているため、専業主婦は審査に通過することができません。

一方で銀行カードローンは配偶者貸付に対応しており、配偶者の収入のみで返済能力があると判断してもらえます。

配偶者貸付については、イオン銀行カードローンの公式ホームページにも以下のように記載されています。

ご本人さまに収入のない場合は、配偶者さまに安定かつ継続した収入が必要となります。

つまり、配偶者が在職していれば専業主婦でもお金を借りられるということです。

ただし銀行カードローンは審査時間が長く、融資までに最短でも2日以上かかりますので注意をしてください。

少しでも早くお金を借りたい人は、ネット銀行で申し込みをしましょう。

ネット銀行で融資スピードを短縮

スマホ

ネット銀行のカードローンはwebで取り引きができるため、通常の銀行カードローンよりも早く融資をしてもらえます

大手ネット銀行の融資スピードを表にまとめましたので、参考にしてください。

融資スピード 金利(年率) 融資限度額
楽天銀行スーパーローン 最短翌営業日 1.9〜14.5% 10万円〜800万円
ジャパンネット銀行ネットキャッシング 最短翌日営業日 1.59〜18.9% 10万円〜1,000万円
セブン銀行カードローン 最短2営業日 14.0〜15.0% 1,000円〜800万円

ネット銀行のカードローンなら、最短で翌営業日に借り入れができます。

ネット銀行なら店頭窓口に出向く必要もないため、忙しい専業主婦にぴったりな借り入れ方法です。

未成年なら学生ローンで借りられる

未成年は銀行カードローンや消費者金融の貸付対象外となっているため、融資を受けることができません。

しかし学生ローンなら未成年を貸付対象者としており、アルバイトなどで収入を得ていれば借り入れが可能です。

各金融業者の学生ローンの貸付対象年齢をまとめましたので、参考にしてください。

金利(年率) 対象年齢 親への連絡
フレンド田 15.0〜17.0% 18歳〜 なし
アイシーローン 10.0〜20.0% 18歳〜 なし
カレッヂ 17.0% 18歳〜 なし

上記の貸金業者の対象年齢は18歳で、高校を卒業した時点からお金を借りられます
 
ただし、大学への進学が決まっていることが条件となっているため注意が必要です。

大学生であれば、未成年でも親への連絡なしで借りられます。

おまとめローンは他社借入があっても借りれる

消費者金融のパンフレット

消費者金融のおまとめローンなら、他社借り入れがある人でもお金を借りられます

おまとめローンは総量規制の例外貸付に分類され、他社借り入れが年収の3分の1以上ある人でも融資をしてもらえるのが特徴です。

おまとめローンで借りるメリットは、以下の3点です。

  • 低金利で借り入れができる
  • 返済先が1社になる
  • 毎月の返済額が減る

さらに現在の借り入れより低金利で融資してもらえるため、少ない利息で借り入れが可能になります。

各おまとめローンの限度額と金利を表にまとめましたので、参考にしてください。

商品名 貸付限度額 金利
アイフル おまとめMAX 最大800万円 3.0〜17.5%
プロミス 貸金業法に基づくおまとめローン 最大300万円 6.3〜17.8%
アコム 貸金業法に基づく借り換え専用ローン 最大300万円 7.7〜18.0%

アイフルのおまとめMAXは融資限度額が800万円に設定されているため、多額の借り入れがある人にも最適な借り入れ方法です。

ただしおまとめローンの貸付条件は消費者金融カードローンと同じであるため、無職の人は審査に通過することができません。

無職でお金を借りたい人は、審査なしの借り入れ方法を選択しましょう。

審査なしでお金を借りたい!無職でもキャッシングできる3つの借入方法

無職でも、職業や年収を確認されない審査なしの借入方法ならお金を借りられます

以下で審査なしの借り入れ方法を、紹介します。

担保不要 連保不要 金利
郵便局(担保自動貸付) × × 0.26〜1.71%
生命保険(契約者貸付) × 15.0〜18.0%
質屋 × 108%

上記の借り入れ方法は、自分が所有する貯金や物品を担保にして融資を受ける借り入れ方法となっています。

利用者が返済できなくなっても担保によって借入金の回収ができるため、審査をする必要がありません。

例えば郵便局の担保自動貸付は、自分の貯金や国債を担保にお金を借りられます。

郵便局(担保自動貸付)で貯金を担保に借りる

郵便局

担保自動貸付とは、自分の定期預金や購入した国債を担保にお金を借りる方法のことです。

そのため、ゆうちょ銀行の口座を持っていることが借り入れの条件となっています。

担保自動貸付には以下の3種類があり、それぞれ担保にできる対象や金額が異なります。

自動貸付 担保 貸付限度額
貯金担保自動貸付 担保定額貯金 最大300万円
国債等担保自動貸付 所持している国債 最大200万円
財産形成貯金担保貸付 財形貯金 最大300万円

担保自動貸付では、貯金額の9割まで借りることができます。

しかし、ゆうちょ銀行で貯金をしていない人はお金を借りることができません。

生命保険の契約者貸付なら、貯金が0円の人でも貸付対象者となります。

生命保険を担保にお金を借りる契約者貸付

お金と生命保険のパンフレット

生命保険に加入している場合は、契約者貸付を利用して借り入れが可能です。

契約者貸付とは、生命保険の解約返戻金を担保にお金を借りられる制度のことです。

解約返戻金とは

生命保険を解約した際に支払われるお金のこと。
利用者が返済できなくなっても解約返戻金から貸付額を回収できるため、無審査で融資をしてもらえます。

契約者貸付で借りられる金額は解約返戻金の7〜8割となっており、支払ってきた保険料の総額によって異なります。

待ち時間最短60分の質屋でお金を借りる

質屋は審査なしの借り入れ方法の中でも最も融資スピードが早く、最短60分で現金を手に入れることができます

スマートフォンなどを担保にお金を借りる方法で、物品の査定額の7〜8割が借りられる上限額です。

例えば預けた物品の査定額が5万円だった場合、借りられる金額は4万7千円程度となります。

ただし、質屋の金利は消費者金融の10倍である108%となるため注意をしてください。

闇金は返済地獄への入り口!審査なしでも絶対に借りてはいけません

闇金は審査なしで借りられるからといって、無闇に手を出してはいけません

闇金は法外な利息を請求したり、過度な取り立てをおこなったりする悪徳業者です。

例えば一度契約をしてしまえば、無理やり多額の貸付をされ莫大な利息を請求されます。

管理人の叔父は以前に闇金で借金をしていましたが30万円を借りただけで40年もの間、返済地獄から抜け出せませんでした。

彼らは、利益を得るためなら手段を選びません。

返済地獄に陥って後悔する前に、他の借り入れ方法を検討しましょう。

即日でお金を借りるなら最短時間で融資可能な消費者金融

今すぐお金を借りたいなら、融資スピードが最も早い消費者金融がおすすめです。

消費者金融のアイフルなら、最短60分で融資を受けられます。

申し込みから借り入れまでスピーディーに完結するため、急いでいる人には最適です。

アイフルはこんな人におすすめ
  • 今すぐお金を借りたい
  • 自宅で申し込みをしたい
  • バレずに借り入れしたい
  • web取り引きで借りたい