キャッシングが即日で可能なのはどこ?審査なしを希望する人にも最適な借入先

即日キャッシングをしたいなら、Webで申し込みから借り入れまで完結するネットキャッシングに対応している金融機関を利用するとよいでしょう。

スマホで手続きをするだけで口座に借入金を振り込んでもらえるため、自宅はもちろん外出先からでも借り入れができ、今すぐ借りたいときに最適です。

例えば即日キャッシングに前向きなプロミスのネットキャッシングなら、申し込みから最短30分でお金を借りられます。

  • 即日キャッシングへの対応があるのはカードローンまたはクレジットカード
  • 消費者金融のカードローンなら今から申し込んでも即日で現金を受け取れる
  • プロミスは最短30分融資が可能なため今すぐ借りたい人におすすめ
  • 職場が営業していない時間帯に申し込むなら在籍確認なしのアイフルが最適
  • キャッシング枠があるクレジットカードを持っている人は審査なしが可能

総務省の調査によると日本国民のインターネット利用率は83.4%となっており、それに伴いWebサービスに力を入れている金融機関は増えています。

しかし即日キャッシングへの対応力が低い金融機関もあるため、借入先の選択を間違えてはいけません。

この記事では、状況に応じて当日中に借り入れをするための情報をすべて紹介していきます。

目次

即日キャッシングを希望するならネットキャッシングができる業者が最適

カードローンとクレジットカードとスマホ

冒頭でも述べたとおり、即日キャッシングをしたいなら最短時間で借り入れができるネットキャッシングに対応の業者を選択するとよいでしょう。

ネットキャッシングとはWebやアプリで申し込みから借り入れまでおこなえるサービスのことで、スマホひとつでお金を借りられるのが特徴です。

ネットキャッシングの特徴

スマホやパソコンから申請するだけで口座に借入金が振り込まれるため、公共料金の支払いなどで借り入れを急いでいるときでも間に合います。

自宅にいるときはもちろん、通勤中でも借り入れができる利便性は忙しい現代人にぴったりのサービスです。

非常に簡単に借り入れができることに不安を抱く人もいますが、デジタル社会の実現に向けた時代の流れのため安心してください。

財務省が管轄する政府関係金融機関の日本政策金融公庫でも、最近は来店不要で申し込みができるサービスを展開しています。

インターネットや郵送でもお申込みが可能です。(ご来店不要)

とはいえ、申し込みから借り入れまですべてWebで完結できるサービスをおこなっている金融機関はまだ多くありません。

お金借りるアプリの展開など、ネットキャッシングに最適なサービスの実施があるのはクレジットカードとカードローンの2つだけです。

ネットキャッシングはクレジットカードまたはカードローンで可能

ローンカードとクレジットカード

申し込みから借り入れまでWeb完結で借りられるネットキャッシングに対応している金融機関は、クレジットカード消費者金融のカードローンになります。

実際にクレジットカードと消費者金融のネットキャッシングは、利便性の高さから多くの人に選ばれている借り入れ方法となっています。

以下は、クレジットカードと消費者金融の利用者を対象に全国銀行協会がアンケート調査した結果です。

・消費者金融を選んだ理由では「テレビCM等、積極的な広告宣伝」「申込から借入までが早い」「簡単に審査が通りそう」等の理由が他金融機関より高いことが特徴。
・クレジットカード会社のキャッシング・カードローンを選んだ理由は、「申込手続きが簡単」「敷居が低い/誰でも利用しやすい」が(消費者金融の理由と同程度で)高い。

上記のアンケート結果のとおり手続きが簡単なうえに融資スピードが早いため、管理人も即日キャッシングをしたいときに何度も利用しました。

銀行やコンビニのATMでお金を借りると利用手数料が発生しますが、ネットキャッシングなら無料で利用できる点も嬉しいポイントです。

ただしクレジットカードでお金を借りるには、普段の買い物で使用できるショッピング枠とは別にキャッシング利用枠の設定が必要になります。

キャッシング利用枠がない場合は審査に申し込んだ後、1週間程度で郵送されるカードを受け取ってからでないと融資を受けられないため即日キャッシングは難しいでしょう。

キャッシング利用枠があるクレジットカードを持っている人は、審査なしで今すぐお金を借りられます。

クレジットカードと消費者金融の違いについて、以下にまとめましたので参考にしてください。

クレジットカードのキャッシング機能 消費者金融のカードローン
金利 15.0〜18.0% 3.0〜18.0%
限度額 1〜100万円 1〜800万円
即日融資 △キャッシング利用枠があれば可能
年会費 一部で必要 不要
海外キャッシング ×
カードレス ×
在籍確認なし ×

クレジットカードのキャッシング機能は、消費者金融のカードローンに比べて金利が高いうえに限度額が少ない特徴もあります。

これから新規で申し込むなら、消費者金融のカードローンを選ぶべきでしょう。

どちらを選択するべきか迷ったら、以下の判断基準に従って決めれば間違いありません。

即日キャッシングのフローチャート

消費者金融のカードローンなら今から申し込んでも最短30分後には審査結果がわかり、すぐにお金を借りられます。

今から申し込むなら最短30分で審査結果がわかる消費者金融がおすすめ

ローンカード

消費者金融のカードローンは最短30分で審査結果がわかるため、初めての利用でもすぐに現金を受け取ることが可能です。

以下は、カードローンごとの審査時間と融資スピードの一覧表になります。

審査時間 融資スピード
プロミス 最短30分 最短30分
レイクALSA 最短15秒 Webで最短25分融資も可能
アイフル 最短25分 最短25分
SMBCモビット 最短30分 最短60分
アコム 最短30分 最短30分

管理人は上記すべてのカードローンで借り入れをしたことがありますが、最も融資スピードが早かったのはプロミスでした。

最大30日間の無利息期間があり、利息を抑えられるのもプロミスの利点になります。

郵送物が届かないカードレスな借り入れに対応しているため、家族にキャッシングの利用がバレないか不安な人も安心です。

在籍確認の電話連絡なしが可能となっており、土日や夜間でも最短30分で融資を受けられるプロミスを選んでおけば、即日キャッシングに失敗することはないでしょう。

24時間365日対応しているため夜間や土日でも借りられるのが魅力

カレンダーとお金

ネットキャッシングができる消費者金融のカードローンは、実店舗で借りる方法と違って夜間や土日でも融資を受けられるのが魅力です。

審査通過後はWebで申請するだけで最短10秒〜3分ほどで振り込んでもらえるため、急な出費にいつでも対応できます。

上述でネットキャッシングは振込手数料0円で利用できると解説しましたが、夜間や土日に関しても同様です。

改めてネットキャッシングの特徴をまとめておきますので、参考にしてください。

申し込み受付時間 24時間365日いつでも可能
振込時間 最短10秒〜3分
手数料 無料
来店 不要
担保、連保 不要
自宅郵送物なし 可能

上記の表にもあるとおり、利用明細書を含む自宅郵送物がないため、家族や友人に知られずに即日キャッシングをすることも可能です。

利用明細をネット上で発行してもらえば周囲にバレずに融資を受けられる

利用明細

自宅郵送物は借り入れがバレる原因のトップとなっており、回避できないと家族に内緒でお金を借りるのは難しくなります。

消費者金融のカードローンは利用明細をネット上で受け取る設定にできるため、自宅郵送物なしの借り入れが可能です。

カードレスに対応している消費者金融のカードローンなら、申し込みから融資まで一度も書類が発行されず、より安心して借り入れができます。

バレずに借りたい人に最適な借入先について詳しく知りたい人は、「内緒でバレずにお金を借りるならどこ?周囲に気付かれないカードローン5選」の記事も合わせてご覧ください。

口座に振り込んでもらえるため専用のカードを持ち歩く必要がない

ローンカードと通帳

カードレスで借りられる消費者金融のカードローンなら、専用のカードを持ち歩く必要がない利点もあります。

警視庁の調査によると、財布を紛失したことによる遺失届の件数は1年間で277,604件にも及びます。

日常生活において誰しも財布をなくす可能性はありますが、万が一紛失してしまったとしてもカード類がなければ被害を最小限に抑えられるのではないでしょうか。

他にもカードを持ち歩く必要がないことには、不正利用の被害に遭うリスクを回避できる側面もあります。

不正利用の被害は年々増えており、日本クレジット協会の調査で番号盗用による被害額が最も高額であるというデータも発表されています。

カードを使わずに借り入れができる消費者金融のネットキャッシングなら、第三者に番号を盗み見られて情報が流出する心配がありません。

上述ではプロミスのみを紹介しましたが、即日融資に対応している借入先とそのサービス内容について、さらに詳しく解説していきますのでぜひ参考にしてください。

即日キャッシングに対応している消費者金融を大手から中小まで紹介

ローンカード

キャッシング歴10年の管理人が即日キャッシングに最適な借入先を調査した結果は、以下のとおりです。

プロミス レイクALSA アイフル SMBC
モビット
アコム 三井住友
カード
カードローン
オリックス
マネー
LINE
ポケット
マネー
ベルーナ
ノーティス
エイワ セントラル AZ株式会社
プロミス レイクALSA アイフル SMBCモビット アコム 三井住友カードのカードローン オリックスマネー LINEポケットマネー ベルーナノーティス エイワ セントラル AZ株式会社
審査時間 最短30分 最短15秒 最短25分 最短30分 最短30分 最短5分 最短60分 最短即日 最短30分 最短即日 最短即日 最短30分
初回借入時間 最短30分 Webで最短25分
融資も可能
最短25分 最短60分 最短30分 最短5分 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日 最短即日
金利 4.5%〜17.8% 4.5%〜18.0% 3.0%〜18.0% 3.0%〜18.0% 3.0%〜18.0% 1.5%〜15.0% 2.9%〜17.8% 3.0%〜18.0% 4.5%〜18.0% 17.9507%〜
19.9436%
4.80%〜18.0% 7.0%〜18.0%
限度額 1~500万円 1~500万円 1〜800万円 1〜800万円 1〜800万円 最大900万円 10〜800万円 5〜300万円 1〜300万円 1〜50万円 1〜300万円 1〜300万円
振込手数料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 無料 176円
(税込)
無料 最大216円
(税込)
無利息サービス × × × × ×
カードレス × ×
詳細 詳細 詳細 詳細 詳細

なかでも大手消費者金融のプロミスやレイクALSAは即日キャッシングに前向きで、すぐに借りたい人へのサービスが揃っています。

中小消費者金融でも即日キャッシングは可能ですが、平日の昼頃までに申し込まなければいけなかったり、窓口への来店が必要な場合があったりと条件が厳しい傾向にあります。

サービス面では大手消費者金融を超えることはないため、どうしても審査に通らない場合にのみ中小消費者金融の利用を検討するとよいでしょう。

大手消費者金融なら、以下の簡単な手続きで当日中に融資を受けられます。

  1. スマホでWeb申し込み

  2. 審査結果がメールで通知される

  3. 会員ページから振込融資を選択する

  4. 借入希望金額を入力する

  5. 口座に借入金が振り込まれる

プロミスの瞬フリを利用すると、最短30分で上記のすべての流れが完了します。

一度、審査に通過すると会員ページで振り込みの申請をしてから最短10秒で口座に入金してもらえるようになるため、繰り返し利用したい人にも最適です。

プロミスには最短10秒で口座に振り込んでもらえる瞬フリがある

プロミス

初回借入時間 最短30分 振込スピード 最短10秒
金利 4.5〜17.8% 無利息期間 最大30日
限度額 1~500万円 借入額の単位 1,000円単位
アプリの対応 バレない

プロミスには最短10秒で口座に現金が振り込まれる瞬フリというサービスがあるため、即日キャッシングを利用したい人に最適な借入先です。

インターネット振込なら24時間365日最短10秒でご融資が可能です。インターネットやアプリの会員サービス内の「お借入」からお手続いただけます。

複数の口座にお金が必要な場合でも、会員ページから簡単に振込先を変更できるプロミスならATMに出向く手間がかかりません。

利用限度額の範囲内であれば何度でも借り入れできるため、プロミスに申し込んでおけば予定が重なったときでも安心です。

ネット上で返済が可能となっており、申し込みから返済までの全ての手続きをスマホひとつでおこなえる点もおすすめの理由になります。

レイクALSAは21時までに契約すると即日で現金を振り込んでもらえる

レイクALSA

初回借入時間 Webで最短25分融資も可能 振込スピード 最短即日
金利 4.5〜18.0% 無利息期間 最大180日
限度額 1~500万円 借入額の単位 1,000円単位
アプリの対応 バレない

レイクALSAは21時までの契約完了で当日中のキャッシングが可能となっており、働いていて日中に申し込みができない人でも利用しやすいカードローンです。

お振込みの場合、21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。

21時までに契約して即日キャッシングをするためには、申し込みを20時には済ませておくとよいでしょう。

ただし提出書類に不備があると審査が遅れ、当日中にお金を借りるのが難しくなるため注意してください。

どの金融機関でも本人確認書類の提出が必須となっていますが、レイクALSAのスマート本人確認ならスマホで運転免許証を撮影するだけで手続きが完了します。

申し込み完了画面で最短15秒後に審査通過の可否が確認できるため、審査結果がわかるまでの待ち時間が少ないのもレイクALSAで借り入れをする利点の一つです。

アイフルは在籍確認なしに対応しているため職場が休業日でも借りられる

アイフル

初回借入時間 最短25分 振込スピード 最短10秒
金利 3.0〜18.0% 無利息期間 最大30日
限度額 1〜800万円 借入額の単位 1,000円単位
アプリの対応 バレない

アイフルには在籍確認を目的におこなわれる勤務先への電話連絡がないため、職場の営業日に関係なく今すぐキャッシングできます。

原則として、お申込の際に自宅・勤務先へのご連絡は行っておりません。

土日や夜間、大型連休などで職場が休みでも最短25分で融資を受けられるのは、在籍確認の電話連絡がないアイフルならではの魅力です。

電話による在籍確認が必須のカードローンを選ぶと、勤務先と連絡がとれる時間帯でなければ融資を受けられません。

アイフルと他社の融資時間

今すぐお金を借りたいなら、アイフルを選んでおけば間違いないということです。

審査通過後はスマホで申請するだけで最短10秒で口座にお金を振込んでもらえるため、急な出費にいつでも対応できます。

SMBCモビットならクレジットカード機能が付いたカードを発行してもらえる

SMBCモビット

初回借入時間 最短60分 振込スピード 最短3分
金利 3.0〜18.0% 無利息期間
限度額 1〜800万円 借入額の単位 1,000円単位
アプリの対応 バレない

SMBCモビットには、クレジットカード機能が付いたTカード プラスという多機能型モビットカードがあります。

Tカード プラスがあれば借り入れだけでなく、クレジットカードとして買い物に利用でき、さらにTポイントが貯まる利点もあります。

あくまでもローンカードのためクレジットカードのキャッシングとは違い、高額融資を希望することも可能です。

ネットキャッシングへの対応もあり、スマホで申請すると最短3分で口座にお金を振込んでもらえます。

カードローンとクレジットカードのどちらを利用するべきか決めきれずにいた人は、SMBCモビットを選択するとよいでしょう。

アコムはPay-easy(ペイジー)による銀行振込で返済を完了できるのが特徴

アコム

初回借入時間 最短30分 振込スピード 最短1分
金利 3.0〜18.0% 無利息期間 最大30日
限度額 1〜800万円 借入額の単位 1万円単位
アプリの対応 バレない

アコムはPay-easy(ペイジー)に対応の金融機関となっているため、ネット上で返済ができます。

Pay-easy(ペイジー)は年金保険料や公共料金、税金の支払いをスマホやパソコンでおこなえるサービスで、国や地方公共団体を中心に導入が進んでいます。

日本銀行の調査によるとPay-easy(ペイジー)の認知度は1割程度と低く、利用したことがない人のほうが多いのが現状です。

しかし一度Pay-easy(ペイジー)の登録をして利用できるようにしておけば、アコムへの返済だけでなく納税などにも役立ちます。

自宅や外出先からWebで返済できる利便性を重視する人は、アコムを選ぶとよいでしょう。

三井住友カードのカードローンは金利1.5〜15.0%のため利息の支払いが少ない

三井住友カードのカードローン

初回借入時間 最短5分 振込スピード 最短即時
金利 1.5%〜15.0% 無利息期間
限度額 最大900万円 借入額の単位 1万円単位
アプリの対応 バレない

三井住友カードのカードローンは、金利1.5〜15.0%の低金利で借りられる信販系カードローンです。

遅延なく返済を進めると1年に0.3%ずつ金利を引き下げてもらうことができ、最大で1.2%もの優遇を受けられます。

他にも三井住友カードのカードローンには振込専用タイプがあり、ネットキャッシングのみの利用であれば最大金利を14.4%まで引き下げてもらえます。

振込専用タイプを選ぶとATMで現金を引き出せなくなりますが、できるだけ利息を抑えてネットキャッシングを利用したい人には最適です。

三井住友カード カードローンのフローチャート

ATMを利用することが一切ない場合は、より低金利で借りられる振込専用タイプを選ぶとよいでしょう。

ただし受付時間が9:00〜19:30となっており、それ以外の時間帯は申し込めないため仕事の都合上、昼間にスマホを触れない人などには不向きです。

オリックスマネーはWeb完結をしたい人向けに作られた信販系のカード

オリックスマネー

初回借入時間 最短即日 振込スピード 最短即時
金利 2.9〜17.8% 無利息期間
限度額 10〜800万円 借入額の単位 1,000円単位
アプリの対応 バレない

オリックスマネーはWeb完結に対応するために作られたカードローンで、時間や場所の制限なくお金を借りたい人向けのサービスが揃っています。

例えばネット上で本人確認が完了するオンライン本人確認サービスがあるため、運転免許証の写しを用意したり、書類を郵送したりする必要がありません。

振込手数料がかからないうえに、アプリやインターネットで申請すると即時で口座に借入金が振り込まれるのも嬉しいポイントです。

スマホひとつで申し込みから融資まで完了するオリックスマネーなら、自宅から一歩も出ずにネットキャッシングを利用できます。

ローンカードの発行がないためカードローン業者からの郵送物がなく、家族に内緒で借りたい人にも最適なカードローンです。

LINEポケットマネーならLINEから借り入れの申請ができるため便利

LINEポケットマネー

初回借入時間 最短即日 振込スピード 最短即日
金利 3.0〜18.0% 無利息期間 最大100日間
限度額 5万円〜300万円 借入額の単位 1円単位
アプリの対応 バレない ×

LINEポケットマネーの最大の魅力は、新たに金融機関のアプリをダウンロードする必要がなく、普段使っているLINEでお金を借りることができる点です。

借入金は口座への入金だけでなく、電子マネーであるLINE Payへのチャージも選択できます。

LINE Pay残高から返済額が引き落とされる仕組みになっており、事前にチャージしておくだけで返済できるのもLINEポケットマネーならではの特徴です。

返済日の3日前にLINEで通知がくるうえに、残高が不足しているとLINE Payと連携させている銀行口座から自動でチャージしてもらえる機能もあります。

ただし審査に申し込むためにはLINE Payの登録やLINEスコアの利用が必須となっており、他のカードローンよりも初回借り入れまでの手間は多くなっています。

借り入れまでの流れについて詳しく知りたい人は、「LINEポケットマネーの審査に通過してお金を借りる方法|LINEスコア201点以上が基準」の記事も合わせてご覧ください。

専業主婦でもベルーナノーティスなら配偶者貸付を利用して借りられる

ベルーナノーティス

初回借入時間 最短即日 振込スピード 最短即日
金利 4.5〜18.0% 無利息期間 最大14日間
限度額 1〜300万円 借入額の単位 1万円単位
アプリの対応 × バレない ×

ベルーナノーティスは配偶者貸付に対応しているため、専業主婦でも即日融資を受けられます。

配偶者貸付は夫に収入があれば申込者本人が無職でも借り入れが認められる制度で、金融機関で専業主婦がお金を借りる唯一の方法です。

申し込みには夫の同意書と住民票の写し、2人分の本人確認書類が必要になるため、事前に準備しておきましょう。

ベルーナノーティスの配偶者貸付を利用するときの必要書類は、以下のとおりになります。

ベルーナノーティスで申し込むときの必要書類

概要
本人確認書類 運転免許証やマイナンバーカードなど。申込者本人と配偶者の2人分が必要。
住民票の写し 続柄がわかるものを準備する。個人番号や本籍地は不要。
配偶者貸付の同意書 同意書をコピーし、配偶者に記入してもらう。

Web上で写真をアップロードするだけで書類の提出が完了し、郵送やFAXをする手間がかからないのが嬉しいポイントです。

住民票の写しに関してもマイナンバーカードがあればコンビニで簡単に発行できるため、わざわざ市役所に出向く必要はありません。

ここから先は即日キャッシングできる中小消費者金融について紹介していきますが、借り入れの条件は大手消費者金融に比べて劣ります。

どうしても審査に通らない場合を除いて、大手消費者金融を選んだ方がよいでしょう。

どの借入先を選ぶべきかわからなかった人は、以下で条件を指定して探すことができますのでぜひご利用ください。

借入先を絞り込み条件で探す

条件を指定して検索ボタンをクリックしてください。(複数可)

借入条件で選ぶ

職業で選ぶ

審査時間で選ぶ

借入額で選ぶ




中小消費者金融で借りるならエイワ!対面与信のため審査が不安な人向け

エイワ

初回借入時間 最短即日 振込スピード 最短即日
金利 17.9507〜19.9436% 無利息期間
限度額 1〜50万円 借入額の単位 1万円単位
アプリの対応 × バレない ×

大手消費者金融の審査に通らない人は、中小消費者金融のエイワに申し込むとよいでしょう。

エイワは対面で審査がおこなわれるため個人の事情を考慮してもらいやすく、一般的な金融機関では断られてしまうような低与信の人でも融資を受けられます

もちろん即日キャッシングも可能となっており、急いでいる旨を伝えると優先的に審査してもらえる配慮もあります。

ただし対面で一人ひとり審査をおこなっているため、大手消費者金融のようなスピード融資は期待できません。

即日で借りるためにはインターネットではなく電話で申し込み、指定された日時に来店できるようにスケジュールを空けておくことが大切です。

セントラルは平日14時までに申し込むと当日中に融資を受けられる

セントラル

初回借入時間 最短即日 振込スピード 最短即日
金利 4.80〜18.0% 無利息期間 最大30日間
限度額 1〜300万円 借入額の単位 1万円以上1,000円単位
アプリの対応 × バレない ×

セントラルで即日キャッシングをしたいなら、平日14時までに申し込みましょう。

大手消費者金融と同様にインターネットで申し込み手続きができるため、来店する時間がない人でも当日中に融資を受けられます。

最短30日間の無利息期間があり、利息を抑えられるのもセントラルで借りる利点の一つです。

中小消費者金融に対して不安を抱いている人もいるかもしれませんが、セントラルは昭和48年から50年近く貸付事業をおこなっている実績のある業者のため安心して利用できます。

以下の貸金業法に則って運営をしているため、厳しい取り立てをされる心配もありません。

第二十一条 貸金業を営む者又は貸金業を営む者の貸付けの契約に基づく債権の取立てについて貸金業を営む者その他の者から委託を受けた者は、貸付けの契約に基づく債権の取立てをするに当たつて、人を威迫し、又は次に掲げる言動その他の人の私生活若しくは業務の平穏を害するような言動をしてはならない。

平日14時までの申し込みが難しい場合は、セントラルよりも審査受付時間が長いAZ株式会社の利用を検討してください。

AZ株式会社は土曜日でも来店不要で即日振込に対応してもらえる

AZ株式会社

初回借入時間 最短即日 振込スピード 最短即日
金利 7.0〜18.0% 無利息期間
限度額 1〜300万円 借入額の単位 1万円単位
アプリの対応 × バレない ×

中小消費者金融は平日のみの営業である場合が多いのですが、AZ株式会社なら16時までに申し込みをすると土曜日でも即日融資に対応してもらえます。

最短30分で審査結果がわかるため、待ち時間が少ないのも嬉しいポイントではないでしょうか。

平日であれば18時まで即日振り込みに対応しており、他の中小消費者金融に比べてスピード融資に力を入れている印象があります。

おまとめローンの取り扱いもあるため、他社借り入れによる返済を一本化したい人にもおすすめの借入先です。

クレジットカードでも最短即日でキャッシング可能!店舗受取を選択しよう

クレジットカードとお金

上述で、これから新規申込をする場合はクレジットカードで即日キャッシングは難しいと解説しましたが、ACマスターカードエポスカードなら当日中に融資を受けられます。

ACマスターカードとエポスカードは審査通過後すぐにクレジットカードを店舗で受け取ることができ、郵送で届くのを待たずに借り入れができるからです。

クレジットカードで即日キャッシングをする流れは、以下のとおりになります。

  1. Webで申し込みをする

  2. カードの発行方法を店舗受取にする

  3. 窓口にカードを受け取りにいく

  4. キャッシング機能を利用して借り入れをする

ACマスターカードとエポスカードの融資スペックについて、以下にまとめておきますので参考にしてください。

ACマスター
カード
エポスカード
ACマスターカード エポスカード
審査時間 最短30分 最短即日
初回借入時間 最短即日 最短即日
金利 10.0%〜
14.6%
18.0%
限度額 10〜300万円 1〜50万円
振込手数料 無料 無料
無利息サービス × ×
カードレス × ×

ACマスターカードは自動契約機でカードを受け取れることから、待ち時間がないうえに夜間でも対応してもらえます。

ACマスターカードは自動契約機でカードを受け取れるため待ち時間がない

ACマスターカード

初回借入時間 最短即日 振込スピード 最短1分
金利 10.0〜14.6% 無利息期間
限度額 10〜300万円 借入額の単位 1万円単位
アプリの対応 バレない

ACマスターカードはMasterCardの加盟店で利用できるクレジットカードで、自動契約機で発行してもらえるため待ち時間なしでカードを受け取れるのが特徴です。

ACマスターカードの自動契約機は9:00〜21:00まで年中無休で営業しており、土日や夜間の申し込みでもすぐにカードを発行してもらえます。

平日9:30〜18:00であれば店頭窓口でもカードを受け取れるため、行きやすい方を選択するとよいでしょう。

カードが自宅に郵送されないACマスターカードなら、家族に内緒で借りたい人にも最適です。

エポスカードは収入が少ないパートでもキャッシング枠を付けられる

エポスカード

初回借入時間 最短即日 振込スピード 最短即時
金利 18.0% 無利息期間
限度額 1〜50万円 借入額の単位 1,000円単位
アプリの対応 バレない ×

公式サイトに以下の記載があるエポスカードなら、収入が少ないパートでもお金を借りることが可能です。

なお、アルバイト、パート等のご収入がある場合は、キャッシングのご利用申し込みを承りますので、PC・スマートフォンよりエポスNetにログインのうえ、「キャッシングご利用可能枠設定・増額サービス」でお申し込みください。

50万円を超える高額融資には対応してもらえませんが、その代わり審査難易度が低めに設定されています。

もちろん店頭窓口でカードを受け取れば、最短即日でキャッシングをすることも可能です。

マルイなどの商業施設に店舗が入っており、買い物のついでにカードを受け取れるのも嬉しいポイントではないでしょうか。

近くの店舗や営業時間については、エポスカードセンターの詳細ページから検索できます。

キャッシング枠がある楽天カードを持っているなら今すぐ借り入れ可能

楽天カード

初回借入時間 最短7〜10日 振込スピード 最短数分
金利 18.0% 無利息期間
限度額 1〜90万円 借入額の単位 1万円単位
アプリの対応 バレない ×

楽天グループ株式会社によると楽天カードは2,500万枚も発行されている人気のクレジットカードのため、すでに所持している人もいるのではないでしょうか。

所持している楽天カードにキャッシング利用枠が付与されている場合、今すぐお金を借りられます

新規申込時に付与されていたものの忘れている場合も珍しくないため、キャッシング利用枠を付けた覚えがない人も楽天e-NAVIで一度確認してみてください。

楽天カードでネットキャッシングをする流れは、以下のとおりです。

  1. 楽天e-NAVIにログインする

  2. キャッシング申し込み画面へ進む

  3. 振込希望金額などの入力をおこなう

  4. 口座に借入金が振り込まれる

所持している楽天カードにキャッシング枠を付けることも可能ですが、その場合は改めて審査が必要になりますので注意してください。

審査なしで今すぐ借りるには、すでにキャッシング枠が付与されているクレジットカードを利用する以外に方法はありません。

審査なしで即日キャッシングが可能なのはキャッシング枠があるクレカのみ

クレジットカードとスマホ

煩わしい手続きをせずにお金を借りたい人もいると思いますが、審査なしで即日キャッシングできるのはキャッシング枠があるクレジットカードのみになります。

審査なし 即日キャッシング
消費者金融のカードローン ×
銀行のローン × ×
キャッシング枠がないクレジットカード × ×
キャッシング枠があるクレジットカード

キャッシング枠があるクレジットカードを持っている場合、すでに審査を受けている状態のため改めて手続きをおこなう必要はありません。

上述で楽天カードを例に挙げましたが、どのクレジットカードでもキャッシング枠があれば今すぐお金を借りられます。

クレジットカードでお金を借りると利息が高くなる傾向にありますが、一度きりの利用なら審査なしの借り入れ方法を選ぶのも一つでしょう。

ただしクレジットカードのキャッシング枠はショッピング枠と連動しているため、借り入れをすると買い物に利用できる金額が少なくなる点には注意が必要です。

キャッシング枠とショッピング枠の仕組み

管理人はカードローンで借り入れをおこない、クレジットカードのショッピングで利用できる金額が減らないように使い分けていました。

カードローンは申し込みから最短30分で融資を受けられるため、審査なしで今すぐ借りたい人にとっても最善の借入先です。

審査があるからといって融資に消極的なわけではなく、どの金融機関も犯罪収益移転防止法に基づいて本人確認の実施が義務付けられており、省略できないのが実情になります。

審査で本人確認をすることは犯罪収益移転防止法で定められている

契約書類と運転免許証

消費者金融やクレジットカード会社には、犯罪収益移転防止法による本人確認義務があります。

本人確認義務とは、取引をおこなうにあたって申込者に対して氏名や住所、生年月日等を確認する義務のことです。

金融機関等は、顧客等との間で、預貯金契約の締結等の取引を行うに際しては、運転免許証の提示を受ける等の方法により、その本人特定事項(自然人の顧客等については氏名、住居及び生年月日、法人の顧客等については名称及び本店又は主たる事務所の所在地)を確認しなければならない。

犯罪収益移転防止法は金融機関が貸し付けた金銭が犯罪に悪用されるのを防ぐために施工された法律で、消費者金融やクレジットカード会社などの正規の貸金業者は遵守しています。

本人確認をおこなわず無審査で融資をおこなっている業者は違法業者のため、絶対に利用してはいけません。

個人情報の保護に関する法律によって信用情報の照会が必須となっている

スマホとCICの封筒

金融機関には、本人確認と合わせて信用情報の照会が義務付けられています。

信用情報とはローンやクレジットの利用状況に関する情報のことで、指定信用情報機関のCICJICCなどが管理をおこなっています。

金融機関に信用情報の照会が義務付けられている旨については、日本弁護士連合会のホームページにも以下のように明記されています。

与信業者は、与信を審査するにあたり、加盟する機関の信用情報を照会しなければならない。

クレジットカードなどの支払いに遅延するとローン審査に通りづらくなるのは、信用情報によって金融機関同士で情報が共有されているからです。

信用情報にはローンの借入総額に関する情報も記載されているため、返済能力を超える借り入れにならないように確認する作業もおこなわれています。

貸金業法による総量規制を超える借り入れに該当しないか確認される

スマホとお金

貸金業者である消費者金融やクレジットカード会社は、貸金業法の総量規制によって年収の3分の1を超える貸付が禁じられています

そのため顧客の年収と借入金額を把握し、総量規制を超える貸付に該当しないか確認しなければ融資をおこなえません。

過度な借入れから消費者の皆さまを守るために、年収などを基準に、その3分の1を超える貸付けが原則禁止されています(総量規制)。

審査なしで借りられない理由には、総量規制も関係しているということです。

知らない人も多いのですが、クレジットカードのキャッシング枠も総量規制の対象となっています。

ショッピング枠に関しては、割賦販売法に基づくサービスであることから総量規制の対象外に位置づけられています。

現在、総量規制によって借り入れができない人はショッピング枠を利用するか、貯金を担保にゆうちょ銀行でお金を借りる方法などを検討するとよいでしょう。

返済を進めてから審査に申し込めば、再び貸金業者で融資を受けられます。

ただし金融機関ごとに融資実行の目安は異なるため、審査に不安がある人は基準が厳しい借入先を選ばないようにしてください。

審査基準が厳しい金融機関に申し込むと融資を断られる可能性があるだけでなく、即日キャッシングの難易度が上がってしまいます。

審査が厳しい金融機関は、融資に時間がかかる特徴があるからです。

ローンの審査基準を詳しく明示している金融機関はありませんが、公式サイトで融資スピードを確認すると傾向がわかります。

融資に時間がかかる金融業者は審査が厳しい傾向にあるため注意が必要

銀行のローンカード

審査の厳しさは、公式サイトに記載されている融資スピードである程度の予想をすることができます。

例えば審査が甘いと言われている流通系のクレジットカードは、申し込みから1週間程で郵送されるのが一般的です。

実際に流通系のクレジットカードである楽天カードは、以下に記載のとおり約1週間で届くことがわかります。

カードはお申し込みからおよそ1週間程度でお届けとなり、お手元に届き次第ご利用いただけます。

一方で審査が厳しい傾向にある銀行系のクレジットカードは、おおよそ3週間〜1ヶ月が郵送の目安となっています。

三菱UFJ銀行の公式サイトにも、以下のように記載されていますので参考にしてください。

当行で申込受付後、カードのお届けまでに3週間程度お時間をいただいております。
なお、入会の審査や受付状況等により、更にお日にちがかかる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

審査項目が多かったり、慎重に融資を実行したりする金融業者で申し込みをすれば、当然ながら借入金を受け取るまでに時間がかかります。

即日キャッシングの可能性を高めるのはもちろん、審査落ちのリスクを回避するためにも、公式サイトに記載されている融資時間が早い金融業者を選びましょう。

銀行は警察庁のデータベースへ照合が必要なため即日融資は不可能

銀行

即日キャッシングにはクレジットカードまたは消費者金融が最適だと解説しましたが、なかには銀行カードローンはどうなのか気になる人もいるのではないでしょうか。

結論から言いますと、銀行は警察庁のデータベースへ照合をおこなわないと融資を実行できないため、実質的に即日融資が不可能となっています。

警察庁のデータベースへの照合は、最低でも1日かかるからです。

融資が遅い金融機関は審査が厳しい傾向にあると解説したとおり、銀行のカードローンは即日融資が可能なクレジットカードや消費者金融に比べて審査難易度が高くなっています。

金融庁から審査の厳格化を通達されている銀行は、融資に消極的にならざるを得ない背景があります。

金融庁では、銀行カードローンについて、多重債務の発生防止の趣旨や利用者保護等の観点を踏まえた適切な業務運営が行われているか、詳細な実態把握を進めるとともに、融資審査の厳格化を徹底し、業務運営の適正化をスピード感を持って推進しているところです。

クレジットカードや消費者金融に比べて審査項目が多いのですから、融資スピードが遅くなるのは当然かもしれません。

審査の厳格化はメガバンクだけでなく、インターネット専業銀行の楽天銀行なども対象となっています。

即日キャッシングをしたいならクレジットカードやカードローンを選んだうえで、審査回答時間内に契約を済ませるようにしましょう。

即日キャッシングをするには審査回答時間内に契約を済ませることが必須

時計とお金

即日キャッシングを希望する人は審査回答時間が終了する1時間前には申し込みを終わらせ、当日中に契約を結ぶ必要があります。

例えば審査回答時間が21時までのカードローンなら、遅くても20時には申し込みを終わらせておかないと即日キャッシングはできません。

契約が完了すると、原則24時間365日いつでもネットキャッシングができるようになります。

各社システムメンテナンスによって振込融資を停止している時間帯がある点に注意し、ネットキャッシングを利用してください。

カードローンごとの審査回答時間と振込可能時間、振込スピードは以下のとおりです。

審査回答時間 振込可能時間 振込スピード
プロミス 9:00〜21:00 月8:00〜0:00 最短10秒
火〜金0:00〜23:59
土0:00〜23:30
日4:00〜18:50
レイクALSA 8:00〜21:50 月8:10〜23:50 最短即日
火〜土0:15〜23:50
日4:00〜18:50
アイフル 9:00〜21:00 月8:00〜23:50 最短10秒
火〜土0:00〜2:00、4:00〜23:50
日6:00〜19:00
SMBCモビット 9:00〜21:00 月7:00〜0:00 最短3分
火〜日0:00〜23:59
アコム 9:00〜21:00 月0:10〜1:00、5:00〜23:50 最短1分
火〜日0:10〜23:50

ただし指定した口座の金融機関がモアタイムシステムに対応しているかどうかで、振込完了時間が異なります。

モアタイムシステムに対応している銀行の口座を振込先に指定しよう

モアタイムシステムとは夜間や土日でも即時入金を可能にした技術のことで、対応していない場合は平日8:30〜15:30のコアタイム以外の振り込みは反映が翌営業日になります。

例えばモアタイムシステムに参加していないローソン銀行を振込先に指定した場合、夜間や土日にネットキャッシングを利用しても振り込まれるのは最短翌日です。

一方で指定口座が都市銀行や地方銀行、信用金庫、労働金庫なら、利用時間に関係なくカードローン業者から振り込みがあった時点で即時入金されます。

モアタイムシステム

即日でキャッシングをしたいなら、都市銀行や地方銀行などのモアタイムシステム参加金融機関を振込先に指定しましょう。

カードレスに対応している借入先を選べば審査通過後すぐに借り入れ可能

ATMとお金

最短時間で借り入れをするためには、カードレスに対応している金融機関を選ぶことも大切です。

専用のカードなしで借り入れできる金融機関なら、審査が終わり次第すぐにお金を借りられます。

カードレスの借り入れの流れ

ネットキャッシングに対応している金融機関ならカードレスの場合が多いですが、クレジットカードのようにカードを受け取ってからでないと振込融資の申請ができない借入先もあります。

即日キャッシングができる借入先のなかでも、カードレスに対応しているのは以下のとおりです。

カードレス 来店不要
プロミス
レイクALSA
アイフル
SMBCモビット
アコム
三井住友カードのカードローン
オリックスマネー
LINEポケットマネー
ベルーナノーティス ×
エイワ × ×
セントラル
AZ株式会社
ACマスターカード ×
エポスカード ×

上記の表からもわかるとおり、来店不要で借りられる金融機関がカードレスに対応しているとは限りません。

来店の有無だけでなくカードレスで借りられるかどうか確認しておくことで、より早くお金を借りられます。

カードレスや来店不要に対応していない借入先を選ぶなら、店舗の営業時間内に申し込むようにしましょう。

カードを受け取るなら金融窓口の営業時間内に申し込む必要がある

無人契約機

カードレスに対応していない金融機関で借り入れをする場合、窓口の営業時間内に申し込みからカードの受け取りまで済ませないと即日融資を受けられません。

公式サイトに24時間申し込み可能と記載されていたとしても、営業時間にならないと審査やカードの発行はおこなってもらえないため注意しましょう。

他にも、営業時間に関係なく振込融資に対応している旨が記載されている場合がありますが、審査に通過していなければ対象外となります。

営業時間内にカードの受け取りができるか不安な人は、Web申し込みをした後にオペレーターに連絡して急いでいる旨を伝えておくと即日融資を受けられる可能性を高められます。

Web申込後にオペレーターに連絡すると優先的に審査してもらえる

ローンカードとスマホ

Web申し込みをした後にオペレーターに連絡して急いでいることを伝えると、優先的に審査してもらえます。

即日融資が可能な借入先だったとしても混雑していると当日中に審査結果が出ない可能性があるため、即日キャッシングをしたいなら連絡しておくと安心です。

ただし連絡したからといって、どの金融機関でも優先的に審査してもらえるわけではありません。

管理人の経験上、急いでいる人を優先的に審査するサービスに前向きなのはアイフルとSMBCモビットです。

公式サイトにも以下のように記載されており、スピード審査に力を入れていることがわかります。

お申込みが完了後、【アイフル】カード申込・受付完了メールが届きましたら、お電話ください。
優先して審査を開始します。

申込完了画面にてユーザーIDをご確認のうえ、モビットコールセンターへお電話ください。
すぐに審査を開始します!

Webで申し込みを終わらせてから連絡しないと、手続きに時間がかかってしまいます。

オペレーターに連絡する前に、必ずWebで申し込み手続きを完了させておいてください。

勤務先が営業していない時間帯に申し込む場合は、在籍確認の方法についても併せて相談するとよいでしょう。

勤務先の営業時間外に申し込むなら書類による在籍確認に変更してもらおう

源泉徴収票

申込時に勤務先が営業していない場合、在籍確認の方法を書類審査に変更してもらわないと即日キャッシングできません。

在籍確認とは、申込者が申告した勤務先が正しいか確認するためのもので、電話連絡によっておこなわれるのが一般的です。

何も伝えないと電話連絡によって在籍確認が実施されるため、勤務先が営業していなければ審査は中断されてしまいます。

アイフルのように原則として在籍確認なしで融資をおこなっているカードローンもありますが、他の金融機関でも書類審査に変更してほしい旨を伝えると対応してもらえます。

社員証や健康保険証、源泉徴収票などが必要になるため手元に準備したうえで、オペレーターに連絡して書類審査への変更を申し出るとよいでしょう。

ただし健康保険証を提出する場合は、保険者番号や被保険者記号、通院歴、臓器提供意思確認欄、QRコードを隠すことが健康保険法で定められています。

面倒に感じる人は、他の書類を準備しておいてください。

※QRコードは、(株)デンソーウェーブの登録商標です。

必要書類はすぐに提出できるように準備しておくと手間取らない

身分証明書

上述したように、カードローンやクレジットカードの審査では本人確認が必須となっています。

当日中に借入金を受け取るためには、手続きで手間取らないように本人確認書類を事前に準備し、すぐに提出できるようにしておくとよいでしょう。

書類に不備があると最短時間での融資を受けられなくなるため、注意してください。

カードローンやクレジットカードでお金を借りるときの必要書類は、以下のとおりです。

備考
運転免許証 現在の住所と異なる場合は公共料金の領収書なども必要
パスポート 提出が必要なのは顔写真ページと所持人記入欄
住民基本台帳カード 本人確認書類として認めてもらえない金融機関もある
特別永住者証明書 有効期限内のもの
在留カード
個人番号カード 通知カードは不可

他にも、借り入れ金額が50万円を超える場合には給与明細や源泉徴収票、確定申告書などの収入証明書の提出が求められます。

1社からの借り入れ金額が50万円以下だったとしても、複数社からお金を借りている人は合計額が100万円を超えると収入証明書が必要になりますので覚えておきましょう。

1.ある貸金業者から既存の借入残高を含めて50万円を超える借入れを新たに行う場合
2.他の貸金業者から借入れている分も合わせて、合計100万円を超える借入れを新たに行う場合(または、リボルビング契約を新たに結ぶ場合)
のどちらかに当てはまれば、「収入を証明する書類」の提出が必要となります。

ただし成年年齢引き下げによって融資を受けられるようになった18歳や19歳の人は、借り入れ金額に関わらず収入証明書の提出が必要です。

成年年齢引き下げによって成人となった18歳や19歳は収入証明書が必須

18歳や19歳の人がキャッシングをする場合は、借り入れ金額に関係なく収入証明書を提出しなければいけません。

民法改正によって成年年齢が引き下げられて従来よりも早く成人となったものの、判断能力はまだ未熟であるとされるからです。

煩わしく感じるかもしれませんが、収入証明書の提出が必須となっているのは18歳や19歳の若年者を過剰債務から守るための政策になります。

金融庁のホームページにも以下のように記載されていますので、参考にしてください。

日本貸金業協会において、若年者向けの貸付を行う場合には、50万円以下又は他社との合算額で100万円以下の場合であっても、収入の状況を示す書類の確認等を行うことなどの自主ガイドラインを策定することも盛り込まれております。

実際のところ、どの金融機関も20歳未満への融資には消極的な姿勢を示しており、審査も慎重におこなわれる傾向にあります。

通常よりも審査時間が長くなる可能性が高いため、即日キャッシングにこだわらない方がよいかもしれません。

18歳未満でお金を借りることを検討している場合は、「未成年でもお金を借りる方法!19歳以下が親の同意なしで借りたいなら?」の記事を参考にしてください。

20歳以上の人なら、問題なく即日キャッシングが可能です。

上述で紹介したスピード融資に前向きな金融機関で、今すぐ即日キャッシングの手続きを進めましょう。

著者情報

兵藤 憲吾

2002年名古屋工業大学 工学部を卒業。大手消費者金融で融資審査や返済部門を担当しながら2級FP技能士貸金業務取扱主任者の資格を取得。企業内FPとして2,400件の相談実績あり。2019年に当サイトの運営を開始。