JAバンク(農協)でお金を借りる方法!審査や借り入れ条件は甘い?

JAバンクは定期貯金の利率や貯蓄キャンペーンのサービスが良く、利用している人は多いのではないでしょうか。

JAバンクは預貯金の他にもローン商品を数多く展開しており、JA(農協)の組合員であれば他の借り入れ方法よりも好条件で融資を受けられます

しかし敷居が高いイメージがあり、審査が厳しいのではないかと心配な人もいますよね。

農家はもちろん、他の業種で働いている人でもJAバンクでお金を借りられる方法を詳しく解説していきます。

  • JAバンク(農協)でお金を借りる条件は組合員であること
  • JA(農協)に1,000円出資するだけで組合員として加入できる
  • 指定保証機関のクレジットカードを持っていると審査で有利
  • コンビニATMでいつでも借入金を受け取れる

ローン審査に通過するコツや借り方についても紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

そもそもJA(農協)って?JAバンクと何が違うの?

JA(農協)

JA(農協)とは、農業を支えるために農業協同組合法に基づいて作物の販売や農業機械および農薬の供給などといった事業を手掛けている組織のことです。

農業協同組合の略称で、英語訳であるJapan Agricultural Cooperativesの頭文字を取ってJAと呼ばれています。

一般的な企業とは違い、農業者などの組合員によって組織が構成されているのが特徴です。

JAバンクは、JA(農協)が展開している金融機関グループになります。

預貯金または融資などといった信用事業を専門におこなっており、組合員の生活が苦しい場合に救済して向上を図る目的があります。

そのため幅広い用途に利用できるローン商品を取り揃えており、組合員であれば好条件で借り入れが可能です。

JAバンク(農協)でお金を借りられるラインナップ豊富なローン一覧

JAバンクの看板

JAバンク(農協)でお金を借りるなら、借入金の使い道に合わせてローン商品を選択しましょう

銀行などといった他の金融機関よりもローン商品の種類が豊富で用途が幅広いため、あなたの生活に活躍すること間違いなしです。

JAバンクが展開するローン商品の種類は、以下で一覧にまとめましたので参考にしてください。

ローン商品 金利 限度額 資金使途
住宅ローン 1.35%〜2.475% 10万円〜5,000万円 住宅の購入、増改築など
リフォームローン 0.9%〜3.475% 1,000万円以内 住居の増改築、改装、補修等
マイカーローン 1.70~2.30% 1,000万円以内 自動車、バイク購入、修理、車検費用等
教育ローン 2.10% 10万円〜1,000万円 入学金、授業料など
カードローン 7.10~7.80% 20万円〜300万円 原則自由
フリーローン(多目的ローン) 8.30%〜10.70% 10〜500万円 生活費、買い物等
営農ローン 1.5%〜2.0%(変動有) 300万円 農業の経営に必要な資金

JAバンクのローン商品は、生活費から住宅の購入費まで様々な用途に利用できます。

店舗によって対応しているローン商品が異なるため、事前にどの商品を取り扱っているか確認しておくことをおすすめします。

希望するローン商品が取り扱われていない場合は、カードローンを選択するのが得策です。

カードローンならネット契約に対応しており、全国のどこからでも申し込めます

資金使途が自由なうえ限度額の範囲内であれば何度でも借りられ、キャッシングが初めての人にもぴったりです。

ただし審査では働いていることの確認として勤務先へ電話連絡をされますので、こっそり借りたい人は在籍確認なしのカードローンを選びましょう。

在籍確認が気にならないのであれば、JAバンクのローン商品で申し込んだほうが審査優遇といったサービスを受けられます。

カードローンに限った話ではありませんが、JAバンクのローン商品は他社と比べて借り入れの敷居が低くキャッシング初心者でも申し込みやすい利点があります。

担保や連帯保証人なしで気軽に申し込めるのが嬉しいポイント

スマホ

JAバンクのローン商品は、担保や連帯保証人なしで気軽に融資を受けられます

JAバンクは、株式会社ジャックス三菱UFJニコスなどの保証機関と提携を結んでいるからです。

保証機関とは、保証料を支払う代わりに保証業務を請け負う法人のことをいいます。

保証機関に返済できなくなった場合の保証をしてもらえるため、住居を担保に出したり知人に連帯保証人をお願いしたりする必要がありません。

保証機関が担保や連帯保証人の代役として返済を保証する旨については、JA香川の公式ホームページにも記載されています。

三菱UFJニコス株式会社の保証をご利用いただきますので、原則として、担保・保証人は必要ありません。

つまり、返済できなくなっても住居の売却や連帯保証人への請求はされないということです。

家族や知り合いに相談しなくても申込者本人の意思のみでキャッシングできるため、こっそり借りたい人はJAバンクで申し込んだほうが良いでしょう。

とはいえ担保や保証人不要と聞くと、多額の利息を請求されるのではないかと心配になりますよね。

JAバンクは、むしろ他社よりもお得に借りられますので安心してください。

金利を見ずに他社で借りると損!年率0.9%〜10.70%で融資を受けられる

通帳と小銭

JAバンクのローン商品で設定される利率は平均0.9%〜10.70%程度となっており、低金利で融資を受けられます

好条件で貸付をおこなうことで、組合員の生活をサポートする目的があるからです。

低金利であるほど支払う利息は少なくなり、返済の負担はぐっと軽くなります。

他社の設定利率は平均15.0%〜18.0%となっているため、JAバンクの金利を見ないまま他社のローンに申し込むのは損です。

JAバンクはどのくらいお得に借りられるのか、支払う利息を他社と比較した結果について解説していきます。

JAバンクで借りると支払う利息が40%もお得

JAバンクのチラシ

JAバンクで融資を受けた場合、支払う利息額が他社と比べて40%以上もお得になります

例えば50万円を1年間借りた場合に支払う利息を、JAバンクと他社の最大金利で比較した結果は以下のとおりです。

利息総額 1日あたりの利息額
JAバンク(10.70%) 53,499円 146円
他社(18.0%) 90,000円 246円
差額 36,501円 100円

JAバンクでは、支払う利息を他社と比べて3万円以上カットできます。

JA(農協)の組合員であれば適用金利を優遇してもらえるため、さらに利息額を抑えられます

ただし、金利は低いものの借り換えローンとして利用できない点には注意が必要です。

債務の借り換えに対応していない旨については、JAグループ石川の公式ホームページにも記載されています。

生活に必要とする一切のご資金および事業性資金とします。ただし、負債整理資金は除きます。

どうしても借り換えたいなら、低金利に借りられる金融機関は他にもありますのでそちらを検討してみてはいかがでしょうか。

例えばゆうちょ銀行の自動貸付は、1.0%未満の設定金利で融資を受けられます。

自分の財産を担保にするため資金使途に制限がなく、もちろん借り換えにも利用できます。

ゆうちょ銀行の自動貸付でお金を借りる方法については、下記で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。

申し込みから最短1週間〜3週間で借入金を受け取れる

時計とカレンダー

JAバンクは金利が低いだけではなく、申し込みから最短1週間〜3週間で借入金を受け取れるスピーディーな対応が強みです。

主に組合員に向けて融資をおこなっており、勤務先や年収などといった情報を把握しているため審査時間の短縮を実現しています。

なるべく早くお金が手元にほしい人は、申し込む際に急いでいる旨を窓口の担当者に伝えると優先的に審査を進めてもらえます

ただし即日融資には対応していないため、今日中に借り入れしたい人は他の借り入れ方法で申し込むことをおすすめします。

今すぐお金を借りられる方法については、下記で詳しく解説していますので参考にしてください。

ローン審査の基準は厳しい?農家ではない人でも通過できるか試してみた

JAバンクのキャッシュコーナー

JAバンクのローン商品で融資を受ける利点を知ったうえで、審査に通過できるか不安な人も多いのではないでしょうか。

結論からいうと、JAバンクの審査基準は他社と比べて厳しい印象があります

JAバンクの目的はあくまでも農業として働いている人の支援であり、組合員が審査で優遇される仕組みとなっているからです。

農業ではない業種で働いている人がローン商品に申し込んだ場合、審査で年収額や勤続年数などを細かく確認されます

しかし、農家ではないからといって必ずしも審査に落とされるわけではありません。

  • JA(農協)の組合員であること
  • 安定した収入を得ていること
  • 継続して勤務していること
  • 年齢制限をクリアしていること

管理人は情報系の業種で働いていますが、これらの条件を満たした状態で申し込んだところ審査に通過できました。

管理人が実践した審査に通過するコツや、満たすべき条件について詳しく解説していきます。

手っ取り早く借りたいのであれば、まずはJA(農協)の組合員になっておくと良いでしょう。

融資を受けるために満たすべき条件は組合員であること

JAのキャッシュカードとお金

JAバンクで融資を受けるために満たすべき条件として重要なのは、JA(農協)の組合員であることです。

前述でも解説したようにJAバンクは組合員のサポートを目的としているため、一般顧客への貸付には対応していません

貸付対象がJAの組合員のみとなる旨については、JA周桑の公式ホームページにも記載されています。

●当JAの地区内に居住またはお勤めの方で、当JAの組合員の方。

店舗によっては組合員ではない人でも申し込めるケースもありますが、審査の難易度が引き上げられることから融資を受けるのは困難です。

仮審査の段階で貸付対象外と判断されるため、申し込む前に組合員になっておくほうが賢明です。

とはいえ、JA(農協)の組合員になるにはどうしたら良いのかわかりませんよね。

JA(農協)は、加入条件を満たすと誰でも組合員になる資格を得られますので安心してください。

1,000円程度のお金を預けると誰でも准組合員になれる

お金

農業ではない業種で働いている人が組合員への加入を希望する場合、出資金として1,000円〜10,000円をJA(農協)に預けると准組合員として認められます

正組合員になれるのは厳しい条件をクリアした農家のみとなっていますが、准組合員であれば誰でも加入できます

会員区分ごとの加入条件や特徴は、以下のとおりです。

会員区分 加入条件 特徴
正組合員 耕作面積や従事日数などの規定を満たしている農家 審査や金利面で優遇してもらえる
准組合員 JA(農協)に1,000〜10,000円の出資金を支払う 審査や金利面で優遇してもらえる
一般顧客 ローン商品を利用できない

准組合員として加入すると、正組合員と同様に審査や金利面で優遇してもらえます

ただし、出資金を支払う必要があるため金銭的に余裕がない人には向いていません。

出資金を支払いたくない場合は、審査で優遇してもらえる借り入れ方法は他にもありますのでそちらを検討してみてはいかがでしょうか。

例えばろうきんのカードローンは、勤務先の会社が労働組合に加入している場合に審査で有利な判断をしてもらえます。

適用利率もJAバンクのローン商品と大差はないため、使い勝手の面でも申し分ありません。

ろうきんでお金を借りる方法については、下記で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてください。

JAバンクの審査では、会員区分の他にも申込者の年収額が重視されます。

安定した収入であると認められるボーダーラインは年収200万円

給料明細書

JAバンクの審査に通過するには、安定した収入として200万円以上の年収が必要です。

収入が不安定な人は返済できなくなる可能性があり、貸し倒れのリスクがあるからです。

JAバンクは金利が大幅に低く、万が一貸し倒れになると経営が回らなくなることから安定した収入であると判断するボーダーラインを年収200万円に設定しています。

融資を受けるための条件として200万円以上の年収が必要な旨については、JAバンク三重の公式ホームページにも記載されています。

ご利用いただける方
■前年度税込年収200万円以上の方

つまり月収が16万円以上の人は、融資を受けられる可能性が高いということです。

収入額は給与明細書に記載してある手取り金額ではなく総支給額で計算するため、実質14万円程度の給料を受け取っていれば貸付対象となります。

それでも年収額が200万円ギリギリで審査に通過できるか心配な人は、継続して働いている旨を審査担当者にアピールするのが効果的です。

継続して同じ会社で働いている人は融通を利かせてもらえる

継続して同じ勤務先で働いている人は、年収額が200万円に満たない場合でもある程度の融通を利かせてもらえます

JAバンクの審査では、安定した収入を判断する項目として年収額の他に勤続年数も確認しているからです。

同じ職場で働き続けている人は継続して収入を得られ、返済を続けられるため貸付対象であると判断されます。

継続して働いていると認められる具体的な勤続年数は、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

職業 勤続年数
農業以外の自営業者 2年以上
正社員、契約または派遣社員 1年以上
アルバイト、パート 1年以上

正社員やアルバイトなどで働いている人は、勤続年数が1年を超えると審査担当者からプラスの判断をしてもらえます。

一方で農業以外の職業を営む自営業者は、収益に波があることから勤続年数が2年以上である必要があります。

条件を満たしていない場合は、下記で自営業者でも勤続年数に関係なく借りられるカードローンを紹介していますので合わせてご覧ください。

貸付対象となるのは借入時の年齢が満20歳以上〜65歳未満の人

電卓と年金手帳

JAバンクの貸付対象となるのは、借り入れ時の年齢が満20歳以上〜65歳未満の人になります。

未成年や65歳を超える人は、収入を得ていないまたは年収額が少ないことにより返済が滞る可能性があるからです。

JAバンクの年齢制限については、JAしまねの公式ホームページにも記載されています。

ご利用いただける方
お借入時の年齢が満20歳以上65歳未満であり、完済時の年齢が満72歳未満の方。

しかし稀ではありますが、店舗によっては65歳を超えていても融資を受けられるケースがあります。

65歳以上で融資を受けたい人は、付近にあるJAバンクの窓口へ問い合わせてみましょう。

年齢制限を超えていてJAバンクでお金を借りられない場合は、以下の記事を参考に借入先を探してみてください。

20歳以下の場合は民法5条によってローン契約が制限されているため、親権者の同意がない限り申し込めません。

未成年が契 約などの法律行為をする場合には原則として法 定代理人の同意が必要で、法定代理人の同意を 得ないでした法律行為は本人または法定代理人 が取り消すことができます(法 5 条 2 項)。

手続きに手間がかかることから、未成年を貸付対象としていない店舗が多い実情があります。

どうしても親に内緒でお金を借りたい人は、下記で未成年でも自分の名義で借りられる方法を解説していますのでそちらをご覧ください。

融資を受けるための条件を満たしたうえで、審査に通過するコツを知っておくとさらに有利な判断をしてもらえます。

審査に通過するコツ!保証機関のクレジットカードを持っていると優遇される

クレジットカードとお金

三菱UFJニコスまたはジャックスのクレジットカードをを利用している人は、JAバンクの審査でプラスの評価をしてもらえます

前述でも解説したとおり、三菱UFJニコスやジャックスはJAバンクが指定保証機関として取引しているカード会社だからです。

保証機関は債務を踏み倒されると損してしまうため、返済能力がわからない利用者よりも年収などといった情報がわかっている自社の顧客に対する貸付に好意的になります。

保証機関のクレジットカードを利用している場合は優良顧客としてJAバンク側に融資を後押ししてもらえるため、審査ではかなり有利になります。

ただし反対に三菱UFJニコスやジャックスのクレジットカードで支払いの遅延をした経験があると、審査に悪影響を与えてしまう点には注意が必要です。

心当たりがある人は他の金融機関を選ぶか、支払いを遅延した記録が解消される5年後を待ってから申し込みましょう。

三菱UFJニコスやジャックスのクレジットカードで滞りなく支払いを続けていても、申し込む窓口によっては審査に通過できないケースがあります。

居住エリア外の店舗で申し込むと審査に通らないケースがある

JAバンク

JAバンクの審査に通らない人に共通しているのは、居住エリア外の店頭窓口で申し込んでいる点です。

勘違いしている人も多いと思いますが、JAバンクならどこでも申し込めるというわけではありません

JAバンクの目的は地域の住民に対するサポートであり、密に関わりを持てるようにエリア縛りを厳しくしているからです。

例えばJAバンク香川や神奈川県JAバンクのように、県内に在住または在勤していることを貸付条件とするケースも多い印象があります。

ご利用いただける方:香川県内在住または在勤の方

ご利用いただける方:地区内に在住または在勤の方。

そのためJAバンク融資を受けたいのであれば、店頭窓口ではなく全国に対応しているネットローンで申し込むほうが賢明です。

ネットローンの申し込む手順について、詳しく解説していきます。

JAバンク(農協)でお金を借りる流れ|まずはネットローンで申し込もう

ATM

JAバンク(農協)でお金を借りる場合は、スマホやパソコンを利用してネットローンで申し込みましょう

ネットローンなら24時間365日対応してもらえるため、いつでも気軽に申し込めます。

申し込みから融資を受けるまでの流れは、以下のとおりです。

step1.JAネットローンの専用サイトから希望するローンを選択

JAネットローンの専用サイトで、希望するローン商品を選択します。

郵便番号や地名から最寄りのJAを検索し、詳細情報を確認すると必要事項を入力するフォームが表示されます。

step2.氏名や住所などの必要事項を入力する

表示された入力フォームに、氏名や住所などの必要事項を入力してください。

入力した情報から仮審査がおこなわれ、本審査に進んでも良いか判断されます

仮審査が終了すると、受付確認メールが届きます。

働いていない人や年齢制限をクリアしていない場合は、この段階で審査落ちの結果が通知されますので注意が必要です。

step3.本審査では在籍確認がおこなわれる

本審査では、在籍確認として勤務先への電話連絡がおこなわれます

電話連絡では金融機関名を名乗られてしまうため、会社や同僚に借り入れがバレたくない人は新しい口座を開設したなどといった口実を考えておきましょう

本審査の結果は、1週間〜3週間後に電話で通知されます。

step4.必要書類の提出

本審査に通過した後は、契約を締結するために本人確認書類と収入証明書の提出が必要です。

フリーローンとカードローン以外の商品は、追加で書類の提出を求められます。

追加で提出を求められる書類を、ローンごとにまとめましたので参考にしてください。

ローン商品 提出書類
住宅ローン 印鑑証明書、住民票、納税証明書、固定資産評価証明書、売買契約書等
リフォームローン 印鑑証明書、住民票、納税証明書、固定資産評価証明書、土地登記簿謄本等
マイカーローン 自動車の注文書または見積書等
教育ローン 合格通知書、入学案内書及び募集要領、納付通知書、在学証明書等
営農ローン 確定申告書、農業経営改善計画認定申請書、事業内容確認書類等

本審査まで進んでいる人はエリア縛りに関係なく、どこの店頭窓口でも必要書類の提出を受け付けてもらえます。

必要書類の確認が終わると、契約が完了となります。

step5.カード発行後に融資を受けられる

手続きが全て終了すると、最短1週間〜3週間後にローンカードが自宅へ郵送されます

ローンカードが手元に入った時点で、借り入れが可能です。

ただし、前工程で必要書類を提出できない場合や内容に不備があった人は融資までの時間が長引いてしまいますので注意してください。

必要書類の準備が面倒に感じる人は、提出物の少ないカードローンやフリーローンを選択すると良いでしょう。

フリーローンやカードローンは身分証明書のみで借りられる

身分証明証とお金

JAバンクのフリーローンやカードローンで申し込む場合、借入希望金額が100万円以下であれば身分証明証のみで融資を受けられます

収入証明書を提出する必要がないため、必要書類を準備するのが面倒な人に最適です。

収入証明書不要で借りられる旨については、JAネットローンの公式ホームページにも記載されています。

Q7:所得証明資料の提出は必要ですか。
A7:申込金額(極度額)が100万円未満の場合は不要です。

つまり、年収額を細かく確認されないということです。

他社では借入希望金額が50万円を超えた場合に収入証明書の提出を求められるため、収入が少ないけど50万円以上借りたい人はJAバンクで申し込むのが得策です。

必要書類を提出してローンカードが発行されると、近くのコンビニで借り入れが可能になります。

借入金はコンビニATMまたは近くの店舗で受け取れる

セブンイレブン

JAバンクのフリーローン及びカードローンは、全国のコンビニATMで借入金を受け取れます

コンビニATMでローンカードを利用すると、自分の銀行口座から貯金を引き出すのと同じ感覚で融資を受けられるためキャッシングが初めての人にもぴったりです。

利用できるATMや手数料については、以下で表にまとめましたので参考にしてください。

手数料
平日8:45〜18:00 土曜9:00〜14:00 その他時間帯
JAバンク 無料 無料 無料
三菱UFJ銀行 無料 110円 110円
セブン銀行 無料 無料 110円
イーネット 無料 無料 110円
ローソン銀行 無料 無料 110円
JFマリンバンク 無料 無料 無料

JAバンクは全国のコンビニATMでキャッシングできるのが利点ですが、24時間手数料0円で利用できるのは店舗のATMのみとなっており無駄な出費を抑えたい人には向いていません。

加えてコンビニATMで対応できるのは200万円までの借り入れとなっているため、高額を借りたい人は店頭窓口に出向く必要があります。

店頭窓口へ出向くのが面倒な場合は、ネット完結する他の借り入れ方法を選択したほうが良いでしょう。

著者情報

兵藤 憲吾

2002年名古屋工業大学 工学部を卒業。大手消費者金融で融資審査や返済部門を担当しながら2級FP技能士貸金業務取扱主任者の資格を取得。企業内FPとして2,400件の相談実績あり。2019年に当サイトの運営を開始。