交番で警察からお金を借りる公衆接遇弁償費を利用する方法と注意点

警察には、緊急時にお金を借りることができる公衆接遇弁償費という制度があります。

公衆接遇弁償費は紛失や盗難などによって財布がなくなり困っている一般市民に向けた貸付制度で、帰路につくための交通費を一時的に借りることができます。

遺失届または盗難届を提出するついでに帰るお金がない旨を相談すれば、1,000円を上限にお金を貸してもらえますので申し出てみましょう。

交番や警察署だけでなく、パトカーでも対応してもらえます。

  • 交番でお金を借りる公衆接遇弁償費は財布がなくなり家に帰れない人のための貸付制度
  • 警察から借りられる金額は原則1,000円まで!返済が前提となっているので注意
  • 家族に迎えに来てもらえるなど他に対処法がある人は借りられない

警察に対して、近寄りがたい印象を持っている人もいるのではないでしょうか。

しかし警察官は財布を失くした人の対応に慣れており、親切かつ迅速に手続きを進めてもらえるため身構える必要はありません。

実際に管理人が交番でお金を借りたときの体験談をもとに、借り方や返済方法について解説していきますので参考にしてください。

交番で警察からお金を借りられる公衆接遇弁償費は行政機関の貸付制度

交番

交番などでお金を借りることができる公衆接遇弁償費は、警視庁により正式に認められた貸付制度です。

警察からお金を借りられることに意外性を感じた人もいるかもしれませんが、実は50年以上も前から導入されている制度になります。

読み方は、こうしゅうせつぐうべんしょうひです。

財布を失くしたなどの緊急時であれば誰でも利用できますので、家に帰れず途方に暮れている人は利用を検討してみましょう。

実際にどのような場合であればお金を借りることができるのか、詳しく解説していきます。

借り入れ理由が交通費や負傷者の救護にかかる経費であれば利用対象

交番

交番などで警察からお金を借りるためには、正当な理由が必要になります。

公衆接遇弁償費の利用が認められている借り入れ理由については、警視庁の以下の記載を参考にしてください。

(1)外出先で所持金を盗まれ、又は遺失した者に対する交通費
(2)行方不明者等の保護にあたり、応急的な措置に要する経費
(3)行路病人の保護又は交通事故等による負傷者の救護にあたり、一時的応急措置に要する経費
(4)その他公衆接遇の適性を期するため必要とする経費

よくある借り入れ理由は、財布を紛失したことによる交通費の不足です。

最近は電子系ICカードが割れてしまったり、スマホが壊れて電源がつかなくなったなどの理由で電子マネーが利用できなくなり、帰宅が困難になる人も増えています。

キャッシュレス化が進み現金を持ち歩かなくても生活できる現代の、思わぬ落とし穴かもしれません。

このように自分に非があったとしても警察官に相談すればお金を借りることができますが、他に対処法がある場合は借りられないため注意してください。

他に対処法があるときや公衆接遇弁償費が資金不足のときは借りられない

公衆接遇弁償費は、税金を財源にお金を貸付けている制度です。

そのため所持金が残っていたり他に対処法があったりする場合には、公衆接遇弁償費の利用よりも優先するように指導されます。

他に対処法がない場合にのみ公衆接遇弁償費が利用できることは、京都府警察の以下の記載からも分かります。

被接遇者の心情をよく理解して行うことは当然であるが、願い出が単に、交通費等に該当するからということのみで安易に所持金を支出して接遇するのではなく、他の方法による措置が困難な場合に限り応じるようにすること。

また警視庁により公衆接遇弁償費に充てられる予算は決められているため、制度の利用を相談したときに資金が底をついていて借りられないこともあります。

公衆接遇弁償費でお金を借りられないケースについてまとめると、以下のとおりです。

  • 財布を紛失したものの手元に現金がある場合
  • 家族や友人に迎えにきてもらえる場合
  • 公衆接遇弁償費の資金が不足している場合

ただし公衆接遇弁償費の資金不足により制度が利用できない場合、警察官が個人的にお金を貸してくれる可能性があります。

警察官が個人的にお金を貸してくれることもある

お金

交番で公衆接遇弁償費の利用を申請すると、警察官が個人的にお金を貸してくれることがあります。

公衆接遇弁償費の資金不足により制度が利用できない人に対する救済措置で、困っている人を助けようとする警察官の温情と言えます。

本当に自腹を切ってくれる警察官がいるのか疑問に思われる人もいるかもしれませんが、実際に管理人が体験しているため間違いありません。

ちなみに管理人は財布を忘れたという借り入れ理由で貸してもらえたので、どうしても自宅に取りに戻る時間がない人も申し出てみると借りられる可能性があります。

ただし警察官から個人的にお金を借りる場合であっても、名目は公衆接遇弁償費であることには変わりありません。

個人の所持金から市民にお金を貸した警察官は、警察署長への報告が義務付けられているからです。

公衆接遇の実態をは握するために必要があるので、地域警察官等が個人の所持金を支出した場合は、その金額がたとえ少額であつても必ず支出報告により署長に報告すること。

借り入れをした記録は残りますので、認識を誤らないようにしましょう。

交番以外でも借りられる!対応している行政機関一覧

警察署

公衆接遇弁償費に対応している行政機関は、交番や警察署だけではありません。

財布を落とした時などにお金を借りることができる行政機関を一覧表にまとめましたので、参考にしてください。

受付時間
交番 常時
警察署 常時
駐在所 常時
鉄道警察隊分駐所および連絡所 常時
運転免許試験場 8:30〜16:00(試験場による)
地域安全センター 8:30〜17:15
警ら用無線自動車 常時

警ら用無線自動車は、いわゆるパトカーのことです。

近くにパトカーがいれば、交番や警察署まで足を運ばなくてもお金を借りられます。

白バイでも対応してもらえますので、交通違反の取り締まりをしている交通機動隊を見かけたら相談してください。

ただし、地域によっては公衆接遇弁償費を利用することができません。

公衆接遇弁償費の導入を正式に発表しているのは9都道府県のみ

公衆接遇弁償費は全国一律で導入されている制度ではなく、各都道府県の警察本部によって取り扱いの有無は異なります。

警察本部のホームページで公衆接遇弁償費の導入を公式に発表しているのは、以下の9都道府県です。

名称
東京都 公衆接遇弁償費
北海道 公的接遇費
岩手県 公衆接遇報償金
山梨県 公衆接遇費
大阪府 公衆接遇費
京都府 駐在所公衆接遇費
石川県 公衆接遇
群馬県 地域警察官等公衆接遇費
熊本県 公衆接遇金

とはいえ警察本部のホームページに明確な記載はなくても、公衆接遇弁償費を導入している都道府県もあります。

実際に管理人は、公式に導入を発表していない愛知県の交番で公衆接遇弁償費を利用することができました。

公衆接遇弁償費の取り扱いがないことを公表している香川県以外であれば、取り扱ってもらえる可能性があるため諦めずに相談してみてください。

現在、公衆接遇弁償費や県民の方に現金を貸与するといった制度はありません

それでも借りられなかった場合は、他の借り入れ方法を選択してほうがいいかもしれません。

例えば5万円程度であれば、カードローンなどでその日のうちにお金を借りられます。

今すぐ少しだけお金を借りる方法については、「5万円借りたい人向けの借入方法!今日中に少しだけ借りるための最短ルート」で詳しく解説していますので参考にしてください。

電車賃や電話代に充てるお金として上限1,000円まで借りられる

交番で借りられる金額は、原則1,000円までとなっています。

1,000円あれば電車賃や電話代に充てて、どうにか帰宅できるのではないでしょうか。

ちなみに交番に置いてある電話は公共のものになるため、借りることはできません。

家族や友人に電話したい場合は、公衆接遇弁償費で借りたお金を使って公衆電話から連絡をとりましょう。

都心部より電車賃が高い傾向にある地方では、1,000円以上借りられる場合もあります。

例えば熊本県警察は、以下の記載からも分かるとおり公衆接遇弁償費の上限を1回あたり5,000円に設定しています。

接遇金は1回の接遇につき5,000円を限度とし、職員が接遇金を支出しようとする場合、その額が2,000円を超えるときは、口頭又は電話により署長に報告し、承認を受けなければならない。

1,000円を上限としている都道府県であっても、必要であれば増額してもらえます。

取扱主管者によって特別な事情が認められると増額してもらえる

電車賃が1,000円以上かかってしまうなどの特別な事情が認められた場合、借り入れ金額を増額してもらえる可能性があります。

ただし借り入れ金額の増額には、以下の取扱主管者の承諾が必要です。

  • 警察署長
  • 企画課長
  • 運転免許試験場長
  • 鉄道警察隊長

各行政機関の上層部になるため、申請内容が伝わるまでに時間がかかる点には注意してください。

では、公衆接遇弁償費でお金を借りる流れについて説明していきます。

公衆接遇弁償費によるお金の借り方|借受願書を記入しよう

警察署

交番で警察からお金を借りることに抵抗がある人もいると思いますので、事前に流れを押さえておきましょう。

公衆接遇弁償費によるお金の借り方は、以下のとおりです。

公衆接遇弁償費の借り方

警察官に借り入れの理由を説明する

警察官に、公衆接遇弁償費の利用が必要になった経緯を説明してください。

借り入れの理由として認められると、借受願書の記入へ進みます。

借受願書を記入する

借受願書には、以下の項目について記載します。

  • 氏名
  • 年齢
  • 住所
  • 電話番号
  • 職業

記載内容に不備がなければ、その場で現金を受け取ることができます。

免許証などの身分証明書が手元にあれば提出を求められますが、財布を紛失または盗難によってなくしている場合は省略が可能です。

返済書と現金を受け取る

借受願書を記入後、必要に応じた金額が貸付されます。

現金と一緒に交付される返済書はお金を返すときに必要になるため、大事に保管しておいてください。

財布を落とした人は、借受願書以外に遺失届も合わせて提出しましょう。

財布を落とした人は遺失届の提出も合わせておこなう

財布を落としてしまった人は、公衆接遇弁償費の借受願書だけでなく遺失届も合わせて提出してください。

遺失届の情報を元に探してもらえるため、紛失した物の情報は詳細に記載することが大切です。

遺失届に記載する内容

  • 氏名
  • 住所
  • 電話番号
  • なくした日時
  • なくした場所
  • なくした物品の種類と特徴

とはいえ、個人情報の記載がある運転免許証が盗まれていたり、なくした場所から遠く離れた場所で見つかったりして持ち主の特定が難しい場合もあります。

遺失物は、各都道府県警察のホームページに開設されている遺失物の公表ページで自ら探すこともできます。

3ヶ月以内に引き取らないと拾った人に所有権が移ってしまうため、こまめに確認したほうが良いかもしれません。

財布を落として直近の生活費がなくなってしまった人は、様々なお金の借り方について紹介している以下の記事も合わせてご覧ください。

未成年者は親の同意がないと借り入れできない

未成年者が財布を失くしたなどの理由で交番へ行き公衆接遇弁償費の利用を申請した場合、必ず親へ連絡されます。

民法第5条の定めによって、未成年者は親の同意がなければお金を借りられないからです。

第五条 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。

未成年者の場合は親が迎えに来ることも多く、公衆接遇弁償費の利用に至るケースはほとんどありません。

親にバレずにお金を借りたいと考えている人は、公衆接遇弁償費ではなく他の借り入れ方法を検討しましょう。

借入金の返し方は手続きをした交番に返済書を持っていくのが基本

公衆接遇弁償費はあくまでも貸付制度のため、借りたお金は返さなければいけません。

お金の返し方は、手続きをしてもらった交番へ返済書と現金を持っていくだけです。

返済の督促や利息などはありませんが、現金が用意でき次第なるべく早く返しに行きましょう。

高額な借り入れではないのですから、遅くても1ヶ月以内に返済するのが賢明です。

公衆接遇弁償費の手続きをしてもらった交番が自宅から遠い場合は、他の場所で返済することも認められています。

自宅近くの交番で返済することも可能

公衆接遇弁償費事務取扱要綱の以下の記載からも分かるとおり、手続きをしてもらった交番へ出向くのが難しい人は自宅近くで返済することも可能です。

(2) 弁償費の返済方法
貸し出した弁償費は、従来、貸出しを受けた派出所等へ返済させることを原則としていたが、貸出しを受けた者の居住地が遠隔である等の特別の理由がある場合には、もよりの当庁派出所等へ返済させることができることとして、これを明文化した。

貸付を受けた行政機関以外で返済する場合は、借り入れ金額および本人確認の実施のために手続きをした交番へ連絡されます。

本人確認がとれ、無事に受理されれば返済手続きは完了です。

パトカーなどでも返済手続きを受け付けてもらえますので、遠方だからといって面倒臭がって返済を先延ばしにすることがないようにしましょう。

万が一返済する意志がないと判断されてしまうと、逮捕される可能性があります。

交番で警察から借りた公衆接遇弁償費は返済しないと詐欺罪で逮捕される

交番

公衆接遇弁償費で借りたお金は、返済しないと寸借詐欺として逮捕されてしまうため注意してください。

寸借詐欺は相手の善意につけ込んでお金を騙し取る手法の詐欺で、実際に以下のような逮捕事例があります。

「財布を娘の車の中に忘れた。明日返すので電車賃を貸してほしい」と現金1万円をだまし取った疑い。

警察官から個人的にお金を借りた場合も、返済の義務からは免れません。

しっかりと記録は残っており、返済しなければ詐欺罪として逮捕されます。

とはいえ、公衆接遇弁償費の返済率は7割程度しかないのが実情です。

督促がないことや本人確認書類を確認されない場合が多いことから、返済への意識が低くなる傾向にあるのが返済率の低さの原因でしょう。

現在は返済率の低さから、制度の廃止も危ぶまれています。

返済率の低さから貸出制度廃止の動きがある

交番で警察からお金を借りることができる公衆接遇弁償費は、国民の税金が資金源となっています。

そのため返済率の低さは大きな問題となっており、制度の廃止が検討されています。

あなたが返済を怠ると、今後財布を落として困っている人がお金を借りられなくなる可能性があるということです。

再び公衆接遇弁償費を利用したいと思った際に、返済していないが故に利用できない事態も考えられます。

警察の善意に甘えて返済を怠らず、必ず借りたお金は返しに行きましょう。

借りたお金を返す手間を最小限に抑えたい人は、スマホ一つで借り入れから返済までできるアプリでお金を借りる方法を検討してください。

警察でお金を借りるのは最終手段!まずは他の対処法を考えよう

警察署

ここまで交番で警察からお金を借りる方法について解説してきましたが、実際のところ公衆接遇弁償費の利用は最終手段です。

まずは他の対処法を考えて、公衆接遇弁償費に頼らずに帰宅できる方法を模索してください。

以下は、財布を失くしたなどの理由から帰宅できなくなった際の対処法の例です。

  • 家族や友人に迎えにきてもらう
  • 自宅に現金がある人はタクシーで帰宅する
  • 交通系ICカードなどの電子マネーの残高を使用する
  • 消費者金融などのカードローンで融資を受ける

今すぐお金を借りたい人向けの借り入れ方法については、以下から検索できます。

借入先を絞り込み条件で探す

条件を指定して検索ボタンをクリックしてください。(複数可)

借入条件で選ぶ

職業で選ぶ

審査時間で選ぶ

借入額で選ぶ




著者情報

兵藤 憲吾

2002年名古屋工業大学 工学部を卒業。大手消費者金融で融資審査や返済部門を担当しながら2級FP技能士貸金業務取扱主任者の資格を取得。企業内FPとして2,400件の相談実績あり。2019年に当サイトの運営を開始。