LINEポケットマネーの審査に通過してお金を借りる方法|LINEスコア201点以上が基準

日頃から利用しているLINEで、気軽にお金を借りることができる個人向けローンサービスのLINEポケットマネー。

2019年8月に新規事業として始まったばかりのサービスですが、すでに申込者数は20万人を超えています。

信用スコアを基にした個人融資の申込数も20万件に達した。

LINEポケットマネーが急成長した背景には、LINEの利用履歴や生活習慣などから個人の信用力が数値化されるLINEスコアによって与信審査がおこなわれる新しいビジネスモデルがあります。

従来のローンでは、借りられるかどうか分からないまま申し込むのが一般的でした。

一方で信用力が数値化されるLINEポケットマネーなら、ある程度の目安を持って申し込むことができます。

  • 20歳から69歳までのLINEユーザーなら誰でも利用可能
  • LINEポケットマネーの審査通過の目安はLINEスコア201点以上
  • LINEスコアが高い人は好条件で融資を受けられる

とはいえ与信審査がおこなわれる点は従来のローンと同様であり、スコアが高くても審査で落とされることがあります。

この記事では、LINEポケットマネーをはじめ6社から借り入れをした経験のある管理人が、LINEでお金を借りるための審査のポイントを徹底的に解説していきます。

LINEポケットマネーの審査に申し込む方法や借り方についても紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

目次

LINEポケットマネーは審査で信用スコアが用いられている新しいサービス

LINEポケットマネー

LINEポケットマネーの最大の特徴は、信用力が数値化されたLINEスコアによって審査がおこなわれる点です。

LINEスコアはLINE Payのポイント還元率にも反映されることから、すでに利用している人も多いかもしれませんね。

信用スコアの数値は、以下の項目などから算定されています。

  • LINEに登録されている友人の数や利用頻度
  • 閲覧しているLINEニュースの傾向や利用時間
  • LINE上でおこなった決済履歴
  • 年齢や家族構成などライフスタイルの回答内容

もちろんLINEスコアの数値だけで審査結果が決まるわけではありません。

共同運営企業のみずほ銀行オリエントコーポレーションにより設けられた審査基準を満たさなければ、スコアが高くても融資を断られます。

共同運営しているみずほ銀行は審査が厳しい

貸し倒れリスクに対して慎重な姿勢を示すみずほ銀行は、審査が厳しいことで有名です。

特に2020年現在、経営利益が下がっていることから、企業向け融資により利益を獲得しているみずほ銀行は個人の利用客に対して貸し渋りの傾向にあります。

2018年3月期 2019年3月期 2020年3月期
経常利益(億円) 7,824 6,141 6,378

上述でLINEポケットマネーへの申込者数は20万人だと紹介しましたが、そのうち実際に融資を受けられた人は3割程度です。

LINEポケットマネーと類似した与信審査をおこなっているソフトバンクが出資するJスコアも、最初は話題になり100万人の人が登録しましたが、審査基準が厳しく申し込みできない人が多かったためサービスは浸透しませんでした。

同じく信用スコアをいち早く取り入れたYahoo!は、たったの1年でサービスの提供を終了しています。

ヤフーはサービス終了の理由について、「現在の状況を総合的に勘案した結果、お客様やパートナー企業に満足してもらえるサービスの提供に至らないと判断した」(同社広報)ためとしている。

お金を借りられるアプリはLINE以外にもあるため、審査落ちしたことが信用情報に登録され今後ローンを借りづらくなるのを避けたい人は審査通過率の高いサービスを利用しましょう。

例えば審査通過率の高いことで知られているアイフルなら、申し込みをしたうちの2人に1人が融資を受けられます。

スマホひとつでお金を借りられるアプリを使って、セブンイレブンやローソンで即日中に現金を手に入れられるのも特徴の一つ。

スマホで手軽に借りたい人はもちろん、今すぐお金が必要な人にもぴったりです。

詳しくは「お金借りるアプリ10選!スマホだけで借りれる厳選アプリを紹介」の記事で紹介していますので、合わせてご覧ください。

申し込み条件はLINEスコアが201点以上あること

与信審査に信用スコアを採用しているJスコアは申し込みできない人が多かったと紹介しましたが、LINEポケットマネーの場合、申し込み自体は比較的多くの人ができます。

具体的には、LINEスコアが1,000点満点中201点以上あれば申し込み可能です。

LINEポケットマネーの申し込み条件

公式な発表はありませんが、口コミや類似サービスの傾向を見る限りLINEスコアの平均値は300点を超えています。

LINEスコアを利用している管理人の友人の間では、400点以上が当たり前でした。

LINEスコアの一例

年収 勤続年数 他社借り入れ LINEスコア
Aさん 300万円 1年 50万円 401点
Bさん 600万円 10年 なし 640点
Cさん 620万円 15年 100万円 520点

ただしBさん以外は、LINEポケットマネーの審査に申し込んだのち否決されています。

年収600万円を超えるCさんでも融資を断られたことを考えると、LINEスコアが高くても結局は従来のローンと同じように社会的な信用力が低いと容赦なく審査落ちすることが分かります。

信用情報を見られるためブラックリスト入りしている人は審査落ちする

LINEポケットマネーを運営しているLINE Creditは、信用情報機関のJICCに加盟しています。

そのため従来のローンと同様、審査時には信用情報が確認され、ブラックリストに入っていれば融資を受けることはできません。

債務整理中の人や自己破産をしたことがある人はもちろん、ローンや公共料金の支払いを延滞あるいは滞納したことがある人も否決される傾向にあります。

LINEスコアの数値も審査基準の一つではあるものの、信用情報が重要視される点は他のローン商品と変わらないのが現状と言えるでしょう。

ただしCICには未加盟のため、クレジットカードに関する信用情報は審査に影響しない可能性があります。

貸付対象年齢は20歳〜69歳までのため未成年者は借りられない

スコア診断には年齢制限がないため、未成年でも申し込みできると思っている人もいるかもしれません。

しかしLINEポケットマネーの貸付対象年齢は20歳〜69歳となっており、未成年者は融資を受けられないため注意してください。

LINEポケットマネーに限らず、ほとんどの金融機関は未成年への融資に対応していません。

未成年者の契約行為は、民法第5条で制限されているためです。

2022年4月に施行される民法改正により成年年齢引き下げられれば、18歳からLINEポケットマネーでお金を借りられるようになります。

成年年齢を18歳に引き下げることを内容とする「民法の一部を改正する法律」は,2022年4月1日から施行されます。

今すぐお金を借りたい未成年者は、20歳未満の人にも対応している借り入れ先について紹介している「未成年でもお金を借りる方法!19歳以下が親の同意なしで借りたいなら?」の記事を参考にしてください。

フリーランスや自営業者に対する評価は他社よりも高い傾向にある

パソコン

一般的なローンの場合、フリーランスや自営業者は信用力が低いと判断され審査で不利になります。

一方でLINEポケットマネーは、自由な働き方を選びフリーランスや自営業者として生計を立てている人に対する評価を下げることはありません。

厚生労働省の調べによると、フリーランスとして働く人口は国内労働力人口の約6分の1にあたる1,000万人もいることが分かっています。

独立や副業の敷居が下がったことにより会社に属さずに働く人が増えた現在の状況を考慮し、LINEポケットマネーは柔軟に対応しているということです。

終身雇用が崩壊していると言われる現代において、会社員とフリーランスの雇用形態において差をつける必要がないというLINEポケットマネーの考え方は合理的と言えるのではないでしょうか。

ただし、収入が全くない人は融資を受けることはできません。

総量規制の対象のため収入がない無職や専業主婦は否決される

勤務形態にこだわらないとはいえ、全く収入がない人はLINEポケットマネーに申し込んでも否決されます。

LINEポケットマネーは貸金業法に則って運営しており、総量規制を遵守する義務があるからです。

総量規制とは

総量規制

多重債務者対策として、年収の3分の1を超える貸付を禁止する法律。

収入がなければ、総量規制による借り入れの上限は0円です。

申し込んでも融資を受けることはできないため、諦めましょう。

夫に収入がある専業主婦は、総量規制の影響を受けない借入先から融資を受ける選択肢があります。

詳しく知りたい人は、「専業主婦でも借りれるカードローンは?収入がなくても自分名義で借り入れ可能」の記事を参考にしてください。

利用限度額や金利はLINEスコアの点数によって決まる

LINEスコア

LINEスコアの数値は、融資の可否だけでなく利用限度額や金利にも影響します。

スコア値が高いほど好条件で融資を受けられる仕組みになっており、高額かつ低金利の借り入れが可能です。

LINEポケットマネーの基本情報は、以下のとおり。

LINEポケットマネーの基本情報

契約極度額 5万円〜300万円
貸付の利率(実質年率) 3.0%〜18.0%

では、LINEスコアごとの利用限度額と金利の例を紹介しますので参考にしてください。

LINEスコア355点の場合

貸付可能額 30万円
適用金利 15.0%

LINEスコア673点の場合

貸付可能額 50万円
適用金利 5.0%

借り入れ金額が高ければ高いほど、低金利で借りられるのが一般的です。

100万円の融資を受けた場合に適用される金利の平均は10%前後のため、2つ目の例を見ると貸付額に対してかなりの低金利で借りられることが分かります。

とはいえ、600点以上の高得点を取れるのはLINE家計簿やLINE投資などの他のサービスも利用している人であり、新規登録者には難しいでしょう。

100日間の無利息キャンペーン中に申し込めば、実質金利0円で借りられます。

今ならキャンペーンの適用で契約から100日間は実質利息なしで借りれる

現在LINEポケットマネーは、契約から100日間の利息を実質無料にするキャンペーンを実施しています。

LINE Pocket Money(LINEポケットマネー)では、はじめて契約をしていただいた皆様に、契約日から100日目までにお支払い頂いた利息を全額キャッシュバックします!

借り入れ金額30万円を金利15%で借りた場合、100日間にかかる利息は12,329円です。

1万円以上キャッシュバックされるのですから、かなりお得ですよね。

ただし利息がかからないからといって、必要以上の借り入れを希望するべきではありません。

借り入れ希望額を高くしすぎると審査結果に影響するため注意

お金

ローンを申込む際は、必ず借り入れ希望額を申告します。

基本的には借りたい金額を申告すればいいのですが、高額融資を希望すると審査で不利になるため注意してください。

高額なお金が必要なほど困っているという印象を与えてしまい、警戒されるからです。

借り入れ希望額は50万円までにしておくのが賢明でしょう。

最初は少額でも、返済を続けていくと信用度が上がり増額してもらえます。

使用用途は基本的に自由!LINE Payの対応店舗ならどこでも利用可能

LINEポケットマネーは消費者金融のカードローンに分類されるため、借入金は基本的に自由に使うことができます。

例えばLINE Payに加盟している以下の店舗なら、審査通過後すぐにLINEのアプリで支払いを済ませられます。

LINE Payの主な対応店舗一覧

  • ローソン
  • セブンイレブン
  • マツモトキヨシ
  • TSUTAYA
  • スギ薬局グループ
  • エディオン
  • ヤマダ電機
  • ビッグカメラ
  • コジマなど

その他、LINE Payが対応している店舗を確認したい人は、LINE公式サイトのLINE Payが使えるお店を参考にしてください。

現金で融資を受けたい場合の借り方については、「セブン銀行ATMで24時間365日いつでも出金可能!現金でも受け取れる(ページ内リンク)」で後述します。

ただし事業用の資金としての利用は認められていないため、個人事業主やフリーランスの人はプライベートと混同しないように注意しましょう。

では、LINEポケットマネーでお金を借りる手順を紹介していきます。

LINEポケットマネーの申し込み方法|お金を借りる手続きが全てLINEで完結

LINE Pay

LINEポケットマネーでお金を借りるときの申し込みの手順は、以下のとおりです。

  1. LINEスコアの診断を受ける

  2. LINE Payアカウントを作成する

  3. LINEポケットマネーに申し込む

  4. 審査通過後、LINE Payに借入金が入金される

一つずつ詳しく解説していきます。

LINEスコアの診断を受ける

まずはLINEポケットマネーの審査で必要なLINEスコアの算定をおこないます。

LINEスコアの診断で質問される内容は、以下の15項目です。

  • 生年月日
  • 性別
  • 結婚しているかどうか
  • 扶養している子供の有無
  • 住んでいる家の住居タイプ
  • 住んでいる家の所有状況
  • 居住年数
  • 同居家族の人数
  • 勤務形態
  • 職種
  • 業種
  • 勤続年数
  • 勤務先の規模
  • 年収
  • 保険証の種別

すべて回答し終わると、LINEポケットマネーの申し込み画面へと進むことができます。

LINE Payを利用していない人は、アカウントを作成しましょう。

LINE Payアカウントを作成する

LINEポケットマネーで借りたお金は、LINE Payに入金されます。

そのためLINEポケットマネーを利用する前に、借入金をチャージしてもらうためのアカウントをLINE Payで作成しておく必要があります。

既にLINE Payを利用していれば、初期登録は不要です。

ただしアカウントタイプがLINE Cashアカウントの場合、そのままでは借り入れできません。

以下の書類を提出して本人確認を完了させ、LINE Moneyアカウントに変更しておきましょう。

本人確認書類として提出できる書類は、以下のとおりです。

申し込み時の必要書類

  • 運転免許証
  • 運転経歴証明書
  • パスポート
  • 特別永住者証明書
  • マイナンバーカード
  • 残留カード

運転免許証を持っている人は、優先的に提出してください。

借り入れ極度額が50万円を超える場合や他社借り入れと合算して100万円を超える融資を受ける場合は、収入証明書の提出もおこなうことが貸金業法によって義務付けられています。

規制上は、個人がお金を借りる場合(リボルビング契約の借入枠を設定する場合も含む)、
(1) ある貸金業者から50万円を超えて借りるとき
(2) 他の貸金業者から借りている分も合わせて100万円を超えて借りるとき
のどちらかに当てはまれば、「年収を証明する書類」の提出が必要となります。

提出方法は、スマートフォンで書類を撮影してアップロードするだけです。

LINEポケットマネーの審査に必要な事項を入力する

LINEスコアの診断とLINE Payアカウントの作成が終わったら、LINEポケットマネーの申し込み画面へと進みます。

LINE Payの登録時に入力した内容が反映された状態で表示されるため、入力するのは借り入れ希望金額や他社借り入れの状況などの空欄部分のみです。

必要事項を入力して申し込みを完了させると、審査が始まりますので結果が出るまで待ちましょう。

審査結果は、LINEで通知されます。

審査結果が通知されたら返済方法を選択する

無事にLINEポケットマネーの審査に通過できたら、返済方法を選択します。

返済方法は、LINE Payまたは銀行口座からの引き落としのいずれかから選べます。

返済方法を選択できたら、あとはアプリ上でいつでも借り入れが可能になります。

アプリから借り入れをすると借入金額がLINE Payに入金される

LINEのアプリから借り入れの申請をすると、すぐにLINE Payに入金されます。

一度審査に通過してしまえば、24時間365日いつでも借り入れ可能です。

審査に関しては、土日はおこなってもらえないため注意してください。

土日祝日に申し込んでも審査結果はこないため急いでいる人は注意しよう

カレンダー

LINEポケットマネーに信用情報を開示している信用情報機関のJICCは、土日祝日の営業をおこなっていません。

そのため土日祝日に申し込んでも、審査結果が出るのは休日明けの営業日以降になります。

申し込みが土日祝日に被ってしまった場合は、翌営業日まで待つ必要があることを念頭に置いておきましょう。

平日であれば、最短即日中にLINEのメッセージで審査結果が届きます。

平日なら審査時間は最短即日!その日のうちに入金してもらえる

信用情報機関のJICCが営業している月曜日から金曜日までの平日であれば、最短即日中に申し込みから借り入れまで完了します。

管理人の場合、JICCが営業していない深夜に申し込んだにもかかわらず11時間後には審査結果が届き、その後すぐに借り入れができました。

管理人が申し込みをした時の審査時間

24:00 申し込み
翌日10:30 本人確認完了の通知が届く
翌日11:00 審査に通過した旨の通知が届く

平日の午前中や昼頃に申し込みをすれば、さらに早く審査結果が出ます。

ただし休日明けの営業日は審査が集中するため、審査結果が出るまでに時間がかかる可能性があります。

休日明けの営業日は審査が長い傾向にある

休日明けの営業日は、土日祝日に申し込んだ人の審査で混み合います。

そのため審査に時間がかかる傾向にあり、結果が通知されるまでに2日〜3日かかる場合もありますので注意してください。

勤務先が営業していない日に被った場合も、在籍確認が実行できず審査が途中で止まってしまいます。

在籍確認とは?

在籍しているかどうか、申込者の勤務先に電話連絡して確認すること。

ただし、在籍確認は必ずおこなわれるわけではありません。

職場への在籍確認なしで融資を受けられる場合もある

電話

LINEポケットマネーの審査では、在籍確認がおこなわれない場合があります。

管理人が申し込んだときも会社への電話連絡は一切なく、審査時に記入した内容と提出書類のみで審査に通過できました。

在籍確認が実施されなければ勤務先の休業日でも審査通過できますし、上司や同僚に借り入れがバレないか心配する必要がなくなります。

とはいえ在籍確認の電話連絡があるかどうかは、事前には分かりません。

LINEポケットマネーは個別の要望への対応をおこなっておらず職場への電話連絡を確実に回避する方法はないため、職場に借り入れがバレたくない人は利用を控えておきましょう。

職場にバレずにお金を借りたい人は「在籍確認なしのカードローンで借り入れをするならどこ?電話連絡なしにできる!」の記事を参考にしてください。

郵送物なしのカードレスで借り入れできるため家族にバレない

ポスト

LINEポケットマネーには、家族に借り入れがバレる主な原因である郵送物がありません。

契約書類やローンカードは発行されず、すべてWeb上で完結します。

そのため職場にバレたくない人には不向きな一方で、家族に内緒で借りたい人には適しています。

通帳を介さず借入金を受け取れるのも、家族にバレずに借りられる理由の一つです。

LINE Payに入金されるため通帳に借り入れの履歴が残らない

上述したように、LINEポケットマネーで借りたお金はLINE Payに入金されるため、通帳に借り入れの履歴が残りません。

必然的に、家族に借り入れがバレる不安要素が減るということです。

普段から記帳している人や配偶者と財布を一緒にしている人にとって、通帳を介さずにお金を借りられる利点は大きいのではないでしょうか。

借入金を現金で受け取りたい場合も、銀行振込ではなくアプリを使ってコンビニATMで借り入れができます。

セブン銀行ATMで24時間365日いつでも出金可能!現金でも受け取れる

セブン銀行ATM

LINE Payへ入金されたお金は、現金で引き出すことも可能です。

出金方法は、以下の2通りから選べます。

  • 口座振込
  • セブン銀行ATMで出金

より簡単に現金を手にしたいなら、セブン銀行ATMで出金する方法が良いでしょう。

セブン銀行ATMでLINEアプリを起動させ、以下の手順で出金をおこなってください。

セブン銀行ATMで借入金を出金する方法

  1. LINE Payメインメニューの設定から「出金」を選択する

  2. 出金用の銀行口座に「セブン銀行ATM」を選択するとコードリーダーが表示される

  3. セブン銀行ATMで「スマートフォンでの取引」を選択してコードリーダーを読み取る

  4. アプリ上に表示される企業番号と認証番号をセブン銀行ATMに入力する

  5. セブン銀行ATMの画面上から出金したい金額を入力する

1,000円から出金できるため、必要なときに必要な金額を引き出すことができます。

ただし、出金手数料として毎回220円かかる点には注意してください。

頻繁に出金すると手数料がかさんで勿体ないため、ある程度まとまったお金を引き出した方がよいかもしれません。

10,000円以上の出金をしたい人は限度額を上げる設定をしよう

セブン銀行ATMで出金できる上限額は、1日あたり10,000円までとなっています。

まとまったお金を引き出したい人は、以下の設定をおこなって出金限度額を上げましょう。

1日あたり10万円まで引き上げることができます。

① LINEアプリの「ウォレット」メニュー>LINE Payの残高部分> LINE Payのメインメニュー画面を1番下までスクロールして「設定」をタップ
②「アカウントタイプ」>全部、チャージ、出金を選択し、画面右側にある各機能の設定ボタンをONにする。

現金で借りたい人にとっては、LINEポケットマネーの出金方法は少し面倒かもしれませんね。

では、LINEポケットマネーで借りたお金の返済方法についても解説していきます。

返済方法は約定返済と随時返済のいずれか好きな方を選択できる

LINEポケットマネーで借りたお金の返済方法は、2通りあります。

約定返済 毎月決まった日に返済する方法
随時返済 好きなタイミングで返済する方法

約定返済を選択した場合は、毎月16日または26日に返済をおこないます。

返済日の3日前になるとLINEで通知がくるため、支払いを忘れないか心配な人は約定返済を選択すると良いでしょう。

随時返済は好きなタイミングで返済できる利点がある反面、支払いを忘れやすく管理が大変な点も念頭におく必要があります。

メリットとデメリットを比較し、自分に合った返済方法を選択してください。

約定返済を選択しておき、まとまったお金ができたときに繰り上げ返済することも可能です。

最後に、LINEポケットマネーについて管理人の意見をまとめましたので参考にしてください。

LINE Pay利用者を増やすために作られたサービスのため借り入れしづらい

LINE

管理人の結論としては、LINEポケットマネーはLINE Payの利用者を増やすために作られたサービスであり、他のローンに比べて借り入れしづらいということです。

借り入れしづらいと感じる点は、以下のとおり。

  • 入金先が選べず、必ずLINE Payにチャージされる
  • 現金で受け取りたい場合もLINE Payに入金してからでないと出金できない
  • LINE Payアカウントを持っていないと申し込みできない
  • 申し込みのハードルは低いにもかかわらず審査に通りづらい

LINE Payアカウントの作成を申し込み条件にし、申し込みのハードルを下げているのは利用者を増やすための企業戦略でしょう。

実際には審査通過率も悪く、借り入れできなかったにもかかわらず信用情報に否決された事実が記録され信用度を下げてしまう人も少なくありません。

LINEでお金を借りられると聞くと便利そうに感じますが、管理人はアイフルなどの大手消費者金融のアプリを使って借り入れをする方が賢明だと思います。

大手消費者金融なら月収2万〜3万円あれば審査通過でき、最短60分で現金を受け取ることができます。

職場や家族にバレない配慮も完璧なため、周りからの評価を落とす心配もありません。

あなたに合った借り入れ先は、以下から検索できます。

借入先を絞り込み条件で探す

条件を指定して検索ボタンをクリックしてください。(複数可)

借入条件で選ぶ

職業で選ぶ

審査時間で選ぶ

借入額で選ぶ




著者情報

兵藤 憲吾

2002年名古屋工業大学 工学部を卒業。大手消費者金融で融資審査や返済部門を担当しながら2級FP技能士貸金業務取扱主任者の資格を取得。企業内FPとして2,400件の相談実績あり。2019年に当サイトの運営を開始。