コンビニATMでお金を借りるなら?急な出費にはセブンイレブンの利用が最適

24時間365日営業しているコンビニATMでお金を借りられると、急な出費に対応できるため本当に便利です。

管理人も飲み会やパチンコなどで早急にお金が必要になった際、近くのコンビニATMに何度も助けられました。

コンビニATMでお金を借りる方法は、大きく分けるとカードローンクレジットカードによるキャッシングの2通りです。

いずれも事前に手続きが必要ですが、カードローンなら今日中に借り入れをすることができます。

ポイントは、セブンイレブンと提携している消費者金融のカードローンを選ぶこと。

  • セブンイレブンで借り入れできるスマホATM取引に対応の消費者金融カードローンなら即日融資してもらえる
  • 2週間後に利用できればいい人は銀行カードローンも選択肢の一つ
  • クレジットカードによるキャッシングは利用限度額に注意すれば便利

ローソンやファミリーマートで借り入れする方法についても解説していきますので、参考にしてください。

コンビニATMでお金を借りるなら今すぐ借りれるカードローンが最適

コンビニATM

上述したように、コンビニATMでお金を借りる方法は大きく分けると以下の2通りです。

  • カードローンを利用する
  • クレジットカードのキャッシング機能を利用する

キャッシング機能のついたクレジットカードを持っている人でも、コンビニATMでお金を借りられるようにするためには改めて審査に申し込む必要がありますので注意してください。

審査には2週間程度かかり、利用できるまでに時間を要する点にも気をつけなければいけません。

手続きをすればコンビニATMで借り入れできるようになるものの、クレジットカードのキャッシングは急な出費には対応できないということです。

一方でカードローンはすぐにお金を借りたい人への融資に積極的で、申し込んだ日からコンビニATMでお金を引き出すことが可能になります。

銀行カードローンは金融庁からの指導によって審査の厳格化をおこなっており、即日融資に対応していないため、消費者金融のカードローンを選択すると良いでしょう。

銀行カードローンが審査の厳格化をおこなっていることについては、金融庁の以下の記載からも分かります。

金融庁では、銀行カードローンについて、多重債務の発生防止の趣旨や利用者保護等の観点を踏まえた適切な業務運営が行われているか、詳細な実態把握を進めるとともに、融資審査の厳格化を徹底し、業務運営の適正化をスピード感を持って推進しているところです。

またスマホATM取引に対応している消費者金融を選ぶことも、コンビニATMでお金を借りるうえで重要です。

スマホATM取引に対応している消費者金融のカードローンを選ぼう

消費者金融のカードローンを利用してコンビニATMでお金を借りる方法には、以下の2つのやり方があります。

  • ローンカードを挿入して借り入れする方法
  • スマホATM取引を利用してカード発行なしでお金を借りる方法

ローンカードを挿入して借り入れをする方法は、郵送または自動契約機に出向いてカードを受け取らなければならず時間と手間がかかります。

コンビニでお金を借りるのであれば、スマホさえあれば即日で融資を受けられるスマホATM取引を利用して借り入れをするのが得策です。

スマホATM取引はアプリを利用してお金を借りる方法で、審査通過後に専用アプリをダウンロードしてデータを連携させると、ローンカードがなくても融資を受けられるようになります。

ただし、全てのコンビニATMがスマホATM取引に対応しているわけではありませんので注意してください。

スマホを操作するだけで借り入れできるのはセブンイレブンだけ

ローンカードなしで即日融資を受けられるスマホATM取引に対応しているのは、セブンイレブンに設置してあるセブン銀行ATMだけです。

アプリをダウンロードしたら、セブンイレブンのATMで借り入れをおこないましょう。

スマホアプリを利用できる消費者金融のカードローンは、以下のとおりです。

スマホアプリ対応 審査 金利
アイフル 最短30分 3.0〜18.0%
レイクALSA webで最短15秒 4.5〜18.0%
プロミス 最短30分 4.5〜17.8%
SMBCモビット 最短30分 3.0〜18.0%
アコム × 最短30分 3.0〜18.0%

なかでもアイフルは、迅速な融資に力を入れている印象があります。

管理人が利用した時も、どの消費者金融よりも早い63分で融資を受けることができました。

今から申し込めば、おおよそ1時間後にはコンビニATMでお金を引き出せるということです。

ローソン銀行ATMでもスマホひとつで借りられるアイフルが便利

上述でスマホATM取引で借りられるのはセブンイレブンだけと解説しましたが、2020年9月14日からアイフルの利用者はローソン銀行ATMでもアプリで借り入れが可能になりました。

アイフルのスマートフォンアプリ(以下「スマホアプリ」)を用いてローソン銀行ATM(※1)でカードを使わずに入出金ができる「スマホATM(QR入出金)」(以下「スマホATM」)サービスを2020年9月14日(月)から開始いたします。

ローソン銀行ATMは全国に12,000台以上あり、セブン銀行ATMと合わせると37,000台以上のATMで利用できるようになったことになります。

アイフルは消費者金融で唯一、銀行の傘下に入らない独立系の企業として運営していることから金融庁による圧力が少なく、新規顧客への融資に積極的な傾向にある点も利用者からの評判が良い理由の一つです。

最短60分で借り入れできるアイフルで、まずは3秒診断してみましょう。

セブンイレブンで迅速に借り入れができるのはレイクALSA


レイクALSA

平成30年4月に新生銀行グループの新商品として取り扱いが開始されたレイクALSAは、デジタルリテラシーの高い利用者向けに作られたカードローンです。

そのためスマホでお金を借りられるサービスに対して強いこだわりを持っており、生体認証でログインできるなどアプリの使いやすさは頭一つ抜けています。

ローンカードを受け取ればローソンやファミリーマートで借り入れできる点も、レイクALSAならではのサービスです。

レイクALSAでお金を借りる手順は、以下のとおり。

  1. Webで審査に申し込む

  2. 審査通過後、アプリをダウンロードする

  3. アプリ内にある専用QRコードを起動してセブン銀行ATMにかざす

  4. セブン銀行ATMの画面で借り入れ金額を入力したら3秒で現金が出てくる

Webで審査に申し込んでアプリのダウンロードまで完了しておけば、24時間365日いつでもコンビニATMでお金を借りられる状態にしておくことができます。

当日中にお金を借りたい人は、20時までには申し込みを完了させましょう。

すぐに利用する予定がない人はプロミス

プロミス

コンビニATMで今すぐお金を借りる予定がなく利用しない期間がある人でも、プロミスのアプリローンなら損をすることはありません。

プロミスは初めてコンビニATMでお金を借りる人のために、無利息サービスの開始時期を契約日ではなく初回借り入れ日から30日間に設定しているからです。

プロミスの無利息期間

他の消費者金融のカードローンは契約日から無利息期間が始まってしまうため、利用しない期間があるとサービスを十分に受けられません。

アプリ限定で配信されるコンビニで利用できる割引クーポンを受け取れる点も、プロミスでお金を借りる利点の一つです。

コンビニATMへ行けないときに役立つSMBCモビット

SMBCモビット

コンビニATMに出向くことができない時でも、SMBCモビットのアプリから振込みキャッシングの申請をすれば最短3分で口座にお金が振り込まれます。

アプリを使ってコンビニATMから返済をするとTポイントが貯まる特典もあるため、Tカードを利用している人は忘れずに連携してください。

SMBCモビットのスマホアプリで利用できる機能は、以下のとおりです。

  • 取引履歴の照会
  • 増額審査申し込み
  • 支払い予定日の登録
  • 振込みキャッシングの申請

ローソンやファミリーマートで借り入れしたいならローンカードが必須

ここまでスマホアプリを使った借入方法について紹介してきましたが、セブンイレブン以外のコンビニを利用したい人もいると思います。

ローソンやファミリーマートのATMでお金を借りたい場合は、ローンカードが必須です。

アプリによる借り入れ ローンカードによる借り入れ
セブン銀行ATM
ローソン銀行ATM ×
E-net ×
E-netが設置されているコンビニ

ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ミニストップ、ポプラ、生活彩家、コミュニティ・ストア、ニューデイズ、サンドラッグなど

ローソンやファミリーマートで借り入れをしたい人は、以下の2つの受け取り方法から自分に合ったやり方を選択してローンカードを手に入れましょう。

ローンカードの受け取り方法

  • 郵送でローンカードを受け取る
  • 自動契約機でローンカードを発行する

郵送で受け取る場合、ローンカードが届くまでの2〜3日間は融資を受けられないため、すぐに現金が手元に欲しい人には向きません。

自宅に郵送されると家族に怪しまれてしまう恐れもあることから、借り入れに気づかれたくない人も利用を控えたほうがいいでしょう。

自動契約機でローンカードを発行する方法なら即日融資を受けられるうえに、郵送物を見られることもないため家族バレを防げます。

ただし消費者金融のなかでローソン銀行ATMやE-netでお金を借りられるのは、レイクALSAとアイフルだけです。

アコムやプロミス、SMBCモビットはローソン銀行ATMやE-netに対応していないため、セブンイレブン以外では利用できません。

急ぎではない人は銀行カードローンでもキャッシング可能

銀行

銀行カードローンはスマホアプリによる借り入れができないため、必ずローンカードを受け取らなければなりません。

申し込みからローンカードが届くまでの期間は、おおよそ2週間です。

すぐに使う予定がある人には向かない借り入れ方法ですので、注意してください。

またローンカードは郵送で届くため、家族にバレたくない人も利用を控えた方が良いでしょう。

すぐに使う予定がなく時間がかかっても問題がない人は、銀行カードローンも選択肢の一つとして検討してみてください。

コンビニATMでお金を借りられる銀行カードローンは、以下のとおりです。

セブン銀行ATM ローソン銀行ATM E-net
楽天銀行カードローン
三井住友銀行カードローン
auじぶん銀行カードローン
十六銀行カードローン × ×
常陽銀行カードローン
イオン銀行カードローン ×
ローソン銀行カードローン × ×
セブン銀行カードローン × ×

銀行からお金を借りるのであれば、キャッシュカード一体型カードローンについても確認しておきましょう。

キャッシュカード一体型カードローンなら手持ちのカードで借り入れできる

キャッシュカード一体型カードローンは、ローン機能が付加されたキャッシュカードを利用して借り入れをおこなう方法です。

ローン機能を付加してもらうためには審査に通る必要がありますが、自分が持っているキャッシュカードがそのままローンカードになる利点があります。

キャッシュカード一体型カードローンを取り扱っている銀行は、以下のとおりです。

セブン銀行ATM ローソン銀行ATM E-net
三菱UFJ銀行
三井住友銀行
みずほ銀行
りそな銀行

大手から中小のコンビニまで対応しているため、外出先で急にお金が必要になった時も安心です。

ただし上述したように、銀行カードローンは申し込みから実際に借り入れできるようになるまでに2週間程度かかります。

すぐに借り入れをしたい人は、スマホアプリで借りられる消費者金融カードローンのほうが向いています。

お金を借りられるアプリについては、以下の記事で詳しく解説していますので合わせてご覧ください。

クレジットカードのキャッシング機能を利用するとショッピング枠が減る

クレジットカード

クレジットカードには普段の買い物で利用できるショッピング枠とは別に、お金を借りられるキャッシング枠があります。

ショッピングとキャッシングの違いは、以下のとおり。

ショッピング カード会社に買い物代金を立て替えてもらい、後からまとめて精算することで支払いの手間を減らせるサービス
キャッシング 現金が必要な時にカード会社からお金を貸してもらえるサービス

クレジットカードのキャッシング機能を利用すれば、コンビニATMでお金を借りられます。

各クレジットカードに対応しているコンビニATM

セブン銀行ATM ローソン銀行ATM E-net
ACマスターカード
三井住友VISAカード
JCBカード
dカード
MUFGカード
セゾンカード
楽天カード
エポスカード
イオンカード ×
オリコカード

キャッシングをするとショッピングに使える利用枠が減るので、限度額を確認してから利用しましょう。

クレジットカードを利用してお金を借りる手順

  1. キャッシング機能を付加できるか確認する
  2. キャッシング機能を付加する手続きをおこなう(審査)
  3. 審査に通過したらショッピングに支障がない金額を確認する
  4. コンビニATMにクレジットカードを挿入して借り入れをおこなう

キャッシング機能は自動で付加されるサービスではなく、利用するためには事前に審査通過しておく必要があります。

クレジットカードの種類によっては、キャッシング機能が利用できない場合がありますので注意してください。

現在使っているクレジットカードがキャッシングに対応しているかどうかは、会員用ホームページなどで確認できます。

ここまでコンビニATMでお金を借りる方法について紹介しましたが、どの借り入れ方法を選択するか決まりましたでしょうか。

おさらいのために、コンビニATMでお金を借りる方法について簡単にまとめておきます。

消費者金融カードローン 唯一、即日融資が可能なため、急いでいる人向け。カード発行なしだから周囲にバレにくい。
銀行カードローン 周囲にバレないための配慮をしてもらえないため、内緒で借りたい人には不向き。
キャッシュカード一体型カードローン 融資に時間がかかるため、急いでいない人向け。
クレジットカードのキャッシング機能 現在使っているクレジットカードで借りたい人向け。

いずれの方法を選択するにしても、審査に通過しなければ利用できません。

消費者金融のカードローンは、銀行やクレジットカード会社から借り入れできなかった人への融資も積極的におこなっています。

審査通過する自信がある人はどの借り入れ方法を選択しても問題ありませんが、通らない可能性が少しでもある人は消費者金融のカードローンを利用するのが得策です。

あなたに合った借入先は、以下から検索できます。

借入先を絞り込み条件で探す

条件を指定して検索ボタンをクリックしてください。(複数可)

借入条件で選ぶ

職業で選ぶ

審査時間で選ぶ

借入額で選ぶ




コンビニATMの利用時間に気をつけないと必要なときに借りられない

時計

コンビニATMでお金を借りる利点は、24時間365日いつでも借り入れできることです。

しかし金融機関によっては利用時間が定められており、お金を引き出せない時間帯があるので注意してください。

例えば消費者金融のアコムは、毎週月曜日の午前1:00〜5:00にメンテナンスをおこなっており、借り入れができません。

※毎週月曜日 午前1:00〜5:00の間は定期点検のため、ご利用いただけません。

銀行カードローンの中では、auじぶん銀行カードローンの公式HPにも以下のような利用時間についての注意書きがされています。

ご利用時間 原則として、24時間365日
システムメンテナンスのため、以下の時間帯は除きます。

  • 毎週月曜日 1:00~5:00
  • 毎月第2土曜日 21:00~翌7:00

メンテナンスの時間帯を把握しておけば、早めにお金を引き出しておくなどの対策を取ることができます。

いざという時に利用できなくて慌てないために、利用可能時間については事前に確認しておいてください。

また、引き出し手数料がかかる点にも注意が必要です。

ATMの利用には110円〜220円の引き出し手数料がかかる

コンビニATM

普段コンビニATMを利用している人なら知っていると思いますが、出金には手数料がかかります。

セブン銀行ATMとローソン銀行ATM、E-netのいずれも、引き出し手数料は以下のとおりです。

取引金額 手数料
1万円以下 110円
1万円超 220円

以前は手数料無料の時期もありましたが、現在は廃止されています。

引き出し手数料が気になる人は、ある程度まとめて借り入れをおこなうと良いでしょう。

多めに借りた場合の利息が気になる人もいると思いますが、消費者金融カードローンには無利息期間があり、期間終了時まで利息がかかりません。

消費者金融カードローンの無利息期間

無利息期間
レイクALSA 初回契約日の翌日から最大180日
プロミス 初回借り入れの翌日から最大30日
アイフル 初回契約日の翌日から最大30日
アコム 初回契約日の翌日から最大30日
SMBCモビット なし

上記の期間内であれば、多めに借りておいてもデメリットがないということです。

ただし銀行カードローンとクレジットカードのキャッシングには無利息期間がないため、借りた金額に対して利息がかかります。

多めに借りておく方法を銀行カードローンやクレジットカードのキャッシングで実施するのは、賢明ではありません。

手数料は次回の返済時に清算するのが一般的

コンビニATMでお金を借りるときに発生した引き出し手数料は、次回の返済時に清算されます。

数百円ではありますが、当初の予定より返済額が増えるということです。

どうしても手数料が気になる場合は、金融機関の専用ATMで出金すれば手数料無料で借り入れ可能です。

1回あたりの利用手数料は安くても、何度も利用すれば意外と大きな出費になります。

手数料について気にしない人も、専用ATMが近くにあるときは節約のために利用しても良いかもしれませんね。

利用明細書を見られると借り入れがバレるので注意

利用明細

コンビニATMでお金を借りると、その場で利用明細書が発行されます。

利用明細書は取り扱いに注意しないと、周囲に借り入れがバレる要因になりかねません。

例えば、利用明細書をズボンのポケットに入れたまま洗濯に出して、奥さんにバレてしまうケースが考えられます。

コンビニに置いていったのを知人に見られて、バレてしまうケースもあるでしょう。

利用明細書が発行されないように設定したい人もいるかもしれませんが、金融機関は貸金業法によって発行を義務付けられています。

(受取証書の交付)
第十八条 貸金業者は、貸付けの契約に基づく債権の全部又は一部について弁済を受けたときは、その都度、直ちに、内閣府令で定めるところにより、次に掲げる事項を記載した書面を当該弁済をした者に交付しなければならない。

利用明細書の発行をなしにすることはできませんので、バレたくない人はしっかりと管理しましょう。

周囲に内緒で借り入れをする方法については、以下の記事でも詳しく解説しています。

20万円以上の借り入れをしたいなら複数回の操作が必要

お金

コンビニATMには、出金限度額が設定されています。

高額な借り入れをしたい人は複数回の操作が必要になりますので、注意してください。

コンビニATMの出金限度額は、以下のとおり。

1回あたりの出金限度額 借入単位
セブン銀行ATM 20万円 1,000円
ローソン銀行ATM 20万円 10,000円
E-net 20万円 1,000円

また防犯の観点から、1日あたり50万円以上の借り入れはできません。

ATMでの1日あたりの現金お引出し限度額を50万円までとさせていただきます。

50万円以上の借り入れをしたい場合は日を改める必要がありますので、高額な借り入れをしたい人は余裕を持って準備しておいてください。

利用限度額内なら何度でも借り入れできるメリットは大きい

カードローンやクレジットカードのキャッシングは、利用限度額内であれば何度でも借り入れできます。

コンビニATMでお金を借りるうえで利用時間と手数料については注意が必要だと言いましたが、それを差し引いても何度でも借り入れできるメリットは大きいのではないでしょうか。

急にお金が必要になる場面は、一度だけとは限りません。

飲み会のために借り入れをした後に結婚式への参列が決まったり、パチンコのためにお金を借りた後に旅行に行きたくなることも十分考えられます。

利用限度額まで借りてしまったとしても、返済を進めれば再度借り入れできるのも嬉しいポイントです。

利用限度額が50万円の場合を例に挙げて、解説していきます。

利用限度額

利用限度額と利用可能額の違い

利用限度額 審査の結果、決められた上限金額のこと
利用可能額 利用限度額から利用残高を差し引いた金額のこと

上記の図のように、返済すると利用可能額は増えます。

また、しっかりと返済を続けていると利用限度額を増額してもらうことができますので、延滞や滞納をしないようにしましょう。

借り入れ同様、コンビニATMで返済できます。

返済もコンビニATMで可能だから手間がかからない

コンビニ

返済方法は、簡単な方がいいのは言うまでもありません。

カードローンおよびクレジットカードのキャッシングの返済方法は、以下のとおりです。

カードローン クレジットカードのキャッシング
コンビニATM
口座振替
Web返済 ×
銀行振込 ×

いずれもコンビニATMによる返済が可能で、面倒な手続きはいりません。

コンビニATMで返済すれば通帳記帳されないので、家族にバレたくない人も安心です。

通帳記帳されても問題ない人は、口座振替にしておくと自動的に引き落としてもらうことができ、返済の手間を最小限に抑えられます。

うっかり忘れて、延滞してしまう心配もなくなりますね。

コンビニATMで返済する場合は手数料が発生しますが、マルチメディア端末による返済を選択すれば節約することが可能です。

Famiポートなどのマルチメディア端末を利用すれば返済手数料は0円

ATMではなく、コンビニに設置してあるマルチメディア端末を利用すると返済手数料はかかりません。

マルチメディア端末とは、チケットの予約やtotoの購入などができる機械のことで、FamiポートやLoppiが代表的です。

FamiポートとLoppiの設置店舗および対応している金融会社について表にまとめましたので、参考にしてください。

マルチメディア端末 設置店舗 対応している金融会社
Famiポート ファミリーマート
  • プロミス
  • アイフル
Loppi ローソン、ミニストップ
  • プロミス
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • 三井住友カード
  • エポスカード
  • オリコアプラス
  • JCB

マルチメディア端末で発行した紙をレジに持って行き、支払いをおこなう必要はありますが、操作手順はとても簡単です。

Famiポートで返済する手順

  1. トップメニューから「金融サービス/国際送金など」を選択する
  2. 「借入金のご返済」を選択する
  3. 金融会社一覧から該当する会社を選択する
  4. 返済金額を入力すると申込券が発行される
  5. 申込券をレジに持って行き支払いを済ませ、お客様控えを受け取る

マルチメディア端末で返済できることを知らずにATMを利用すると、損をしてしまいますので注意してください。

インターネットバンキングは手数料無料かつ自宅にいながら返済できる

インターネットバンキングを利用して返済する方法でも、手数料を無料にすることができます。

コンビニに出向くのが面倒な人は、スマホやパソコンから返済できるインターネットバンキングを利用しましょう。

Web返済 対応金融機関
レイクALSA 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、りそな銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行など
プロミス 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、ジャパンネット銀行など
アコム 三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行など
アイフル ×
SMBCモビット ×

インターネットバンキングを利用した返済手順は、以下のとおり。

インターネットバンキングを利用して返済する手順

  1. 会員ページにログインして「Web返済」に進む
  2. 利用している金融機関を選択する
  3. 金融機関のサイトにログインして返済金額を入力する
  4. 支払いを実行したら振込み完了

支払い方法は自由に選べるので、そのときの都合に合わせて返済してください。

コンビニATMでお金を借りるなら消費者金融のカードローン

コンビニATMでお金を借りたい人は、スマホアプリで借り入れできる消費者金融のカードローンを利用すると良いでしょう。

スマホアプリで借り入れする方法なら、セブンイレブンで即日融資を受けることができます。

ローンカードを発行する必要がなく全てスマホで完結するので、最小限の手間で借り入れができます。

最後に、コンビニATMでお金を借りる方法についてまとめておきます。

  • アプリで借りられる消費者金融のカードローンなら即日融資も可能
  • アイフルは融資スピードにこだわっているから融資が早い
  • 即日融資を受けるならセブンイレブンで借り入れをおこなう
  • ローソンやファミリーマートで借り入れをするならローンカードが必要
  • 銀行カードローンやクレジットカードのキャッシングには約2週間かかる

著者情報

兵藤 憲吾

2002年名古屋工業大学 工学部を卒業。大手消費者金融で融資審査や返済部門を担当しながら2級FP技能士貸金業務取扱主任者の資格を取得。企業内FPとして2,400件の相談実績あり。2019年に当サイトの運営を開始。