サイエンス・インカレ 表彰INDEX

サイエンス・インカレで、授与される賞(予定)とその審査基準(一部)を公開しています。
プレゼンテーションなど、これからのブラッシュアップにご活用ください。

文部科学大臣表彰

最も優秀な口頭発表及びポスター発表を行った個人(またはチーム)に対して授与します。

国立研究開発法人科学技術振興機構理事長賞

優秀な口頭発表及びポスター発表を行った個人(またはチーム)に対して授与します。

審査員特別賞

今回新たに審査員特別賞を設けます。

サイエンス・インカレ奨励表彰

優秀な口頭発表及びポスター発表を行った個人(またはチーム)に対して授与します。

審査項目(文部科学大臣表彰/国立研究開発法人科学技術振興機構理事長賞/サイエンス・インカレ奨励表彰)

  • 課題設定能力
  • 研究手法、研究結果の妥当性
  • 研究内容の創造性・独創性
  • 研究成果の意義、今後の研究の発展性
  • プレゼンテーション能力(誰にでもわかりやすく、自身の研究を説明できる力)

サイエンス・インカレ・コンソーシアム奨励賞〈DERUKUI賞〉

「研究の着眼点が個性的である」、「従来の枠にとらわれない研究である」などの「研究の独創性」を審査基準とします。

サイエンス・インカレ・コンソーシアム奨励賞〈グッドパフォーマンス賞〉

「相手に伝える手法に長けている」、「内容がわかりやすい」、「聞き手の印象に残る」などの「伝え方の上手さ」を審査基準とします。

サイエンス・インカレ・コンソーシアム参加企業・団体賞

サイエンス・インカレ・コンソーシアム参加企業・団体が、独自の審査基準で授与する賞です。
以下の企業・団体より、審査基準の表明がありました。

畠山文化財団賞(公益財団法人畠山文化財団)

当財団の創設者畠山一清の信念“熱と誠”にちなみ、「“研究に対する情熱”がほとばしり、“相手に理解してもらおうという誠意”が感じられる研究」に、畠山文化財団賞をおくります。

日本技術士会会長賞(公益社団法人日本技術士会)

日本技術士会では、科学技術の向上と国民経済の発展に資することという技術士法の目的に沿った研究内容であることを審査基準とします。
具体的には特に以下の3研究分野について評価します。

1.未来を見据え、人々の幸せな生活の実現のために、貢献する研究
2.社会のニーズを読み取り、独創性に富んだ、具現性の高い研究
3.安全、福祉等の公益をそこなうことの無い研究

社会発展のために必要な要素技術の地道な研究も評価します。



ページの
トップへ